-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2007-09-20 03:29 | カテゴリ:宝塚
既にまとめです、だってMY楽過ぎたんだもの。
いつまでも、自由で居たい神谷螢です。
まとめ編とかって書いたんですけど、まあ色々中日との差とか、自己分析とか…
なんというか、アレですね

イジリ編

です。
皆で楽しもうぜ、いぇーいΣd(゚∀゚)
いや、全体的に真面目に触れるとこもあると思いますよ?
でも、真面目って面白くないじゃないですか。
…ね?(ぇ)

さあ、明後日に成績を取りに行かないといけないので、普通に凹む前に行きましょう。
私は凹める自信があります(大問題再び)

あ、そして加美乃素のイメージキャラクター宙組 北翔海莉になったかもしれません。
貴城さんから乗り換えたのか、あの野郎←
てか、だから水さんに何かバックをあげて下さいって。

春野さんの後釜も気になりますよね、VISA。
…誰だろう?まとぶんだったか、ANA譲れ、穴←

あと、梅田千秋楽、玉勇さんが差し出した傘は八分咲きでした。
壊れてたんでしょうかね、差し出してもらってるけど、それじゃあ沖田君濡れちまうよ。


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

さあ、何から突っ込もうか。
玉勇の無駄死ににしようか、やっぱり。
以前の台本だったら、沖田を庇っているんでしたよね。
中日でも、それっぽい台詞が途中までありました。
そう、途中までです。
つまりは消滅したんですよ、その台詞。

まあ、ちなみに言いますと
『ウチ…沖田はんのお命守った上に、先に死ねてよかった…』
でした。

この台詞があるとき、すっごい謎でした。

どこらへんが守ってたんですか?

あれは演出に問題があったのだと思う。
沖田くんが危ないといって引き戻して、結局沖田が守ろうとしたらいつの間にか斬られてる玉勇。
邪魔だろう、其処と思ってしまう私。
あの台詞が無くなってから、そりゃもう毎度毎度無駄死にとしか思えないです。
つまりは全くもって泣けません。
私の中で、一番の感涙ポイントは山南×明里の別れのシーンなので、既に感動冷めたあたりでの玉勇の死なのです。
以前、TCAだかTMPだかでやってたときの演出は、しっかり守ってた感じがあったんですけどね…
今の動きだと、すっごい謎い。

他にはですね、土方さんとこのラブシーン。
いつも、いつも気になるんです。
あのあとどうなったんですか?
「俺の気持ちは、変わっちゃあいない」の後です。
このあとは、女の戦いなわけですがね。
あの気まずい状態で土方どこ行った。
会津のお偉方の接待ですか、いきなり行っちゃったんですか。
土方、とっても自由じゃないか。
「俺の気持ちは変わっちゃあいない」
 ↓
「土方はん…!」
 ↓
「じゃあ俺は、一度戻るよ。」
 ↓
「解りました…」


って流れ何ですか、ご両人。
そして、やはり私はね、お兄様は可哀想だと思うよ。
うん、とってもかわいそうだ、アキさんとか、ものっそい可哀想。

他は、建仁寺のところですかね。
気付けよ、一番隊隊長。
どんなに息潜めるの上手いのよ、あの隊士たちは(笑)
でも、それだけ浮かれていたんだと思うよ、ウブだからね、沖田。


さて、次は中日との違いをショーも交えてやっていこうと思います。
セットの簡略化はおいておく(笑)

鶴屋がなくなったのは書きましたね、季節なのかしら。
あと、近藤先生はお付きなしで行かれます。
中日のときは、近藤先生にお付を土方が押し付ける感じだったんですが、今回は引き際が潔い土方です。
松本君たちがいなくなったんだね、前回より4人くらい少ないから。

んっと…細かくいうと沢山あるんですが、とにかく私は
「~ね」が耳に付いて仕方がない。
この台詞多いー。
ちなみに母は「~だし」が嫌いなようです。
もうね「~ですね」っていう言葉は連呼されるよ、イラァってします。
しかも其れをいうのが沖田君。
ちょっともう、沖田君…←
中日のときにだいぶイライラしながら聞いたんで、今回はちょっと慣れました。

建仁寺のとこ、あの隊士たちが湧いてくるところですが、これはコミカルさからいえば全ツが面白い。
皆が殊更面白くなってますからね、真波そらとか特にね←
沙央くらまの存在が凄く大きいと思うのは、本当にコミカルなところに思う。
このシーンではなぜかすり足で出てきますし、その前の谷みずせボコボコシーンでも台詞一つが面白い。
元役のらぎちゃんは、誠実にって感じでしたね。
おっさん臭くて大好きでした。

『今夜の私は、強いですよ。』場面。
ここ、全ツではほっかむりしてるんですね。
やっぱりあれですか、色々新人隊士が混ざってるからですか。
よく、みうと君が斬られにくるのが目に入って面白いです。
でも、このほっかむりあった方が、忍び込んできた感じがあって良いですよね。
ここの沖田の剣舞が、中日よりも迫力が増した上に、最後のポーズがワザとらしくないんで好きです。
途中で、片腕で剣を持つのがツボですね。
こっちの方が、沖田が男らしく見えます。

シーンはとんで紅葉狩り←
チラシでわざわざ『二年か三年、私と一緒に生きてください。』って煽ってるのに、実際は

『二年ばかり、私と一緒に生きてください』

っていう詐欺行為はどうなのかしら(笑)
中日のは『これから二年』でしたっけ、限定しまくり。
全ツ版の台詞の方がすっきりしてて、好きです。
全体的に、余計な台詞がカットされてるんで、台本はコチラのほうが好みなんですよ。

最後に盛り上がってくる、剣舞のラッシュ。
これも全ツの方が全体的にスピードが上がって、迫力が出てきましたね。
特に土方さんは、なんというか…派手でした。
彩吹さんは優しいんですよね、どこか。
メイクはしっかり鬼の副長なんですが(笑)
ここは、桂さんを追いかける「待てぇええ」と叫んでいる
真波そらがナイス悪役顔。
…うん、しっかりもっそり悪役顔ですよ、大好きです。
あと、わざわざ心配してくれた沙央くらまの腕を振り払い「うぉぉおお」と叫ぶ
谷みずせもナイスボケ。
そんな谷みずせは、実は色々斬られ役で登場しているんですが←
ほら、水さん囲んでるメンバーなんて
隊士選り取りみどり
ですからね、新撰組万歳。

ようやくショーですね。
これは…どっかのシーンが長くなっているんでしょうか?
シーンが削られてるのをみると、どっかが長くなったんだろうなぁっと思ってるんですが。
あそこですかね、『旅人』のシーン。
あそこ、なんかが違うんです(笑)

いきなりニューコンダクター(水)の登場になるんですが、このときの指揮棒がね。
蛍光色に光ってる。
ライトがついちゃうと解らないんですが、歩いてくる水さんの手元で光ってます。
嬉しいです
そして、ここのゴスペルはちょっとスピードが上がってます。
何よりも、舞咲りんヴォイスが響き渡ります。
もう、ショーは彼女の声でよく聴こえる。
素晴らしいですよ、あの声好きですから。

リアルザザって感じ。

うん、素晴らしい。
ショーはあんまり突っ込めそうなところがないんですけど、クレッシェンドの水さんが加わってからのダンス。
せしるちゃん(大凪)・沙央くらま(凰稀)・となみちゃん・水さん・彩那音・真波そら
って順番なんですね、括弧は中日。
こうさ…両端をダンサー入れちゃうから、あとの二人が可哀想です。
今回は、沙央くらまの誤魔化しっぷりに感動。
だってあの子ステップ一個飛ばすんですよ、合わせるために。
抜かしたら速過ぎちゃうときとか、尚遅れたりとかするんで面白いです。

そして、『ベース』ですが。
どうしてそんなに合うんですか!
水さんの後ろの四人は、一人はせしるちゃんに変わりましたが、あとの三人は中日と一緒。

もう、完 璧 ★

ってくらいにぴったりダンスが合うんですよね。
このメンバー大好きです、らぎちゃん・谷みずせ・真波そら・せしるちゃん
どうしてこんなにもダンスが合うんだろう、幸せです。
このシーン、中日ではパンツを下にはいていたいづるんが、今回は編みタイツ。
痛々しいの万歳★
って足をしてました。
…筋肉しかない足ですね、私の腕くらいじゃないだろうか…
衣装的には編みタイツが良いんですけど、精神的に中日の方がいい気がします。
ここ、見えてないと思ってるのか、いづるんが普通に後ろで色々整えてるのが見えるので面白い。
見てみてください、センターよりの下手のパネル裏です。

音月さんの担当は、彩吹さんのとこと水さんの一場面。
もうちょっと踊れると思ってたんですが、彩吹さんって踊れるんだなぁと感心した結果に(嗚呼)
ちょっと硬いんでしょうね、彼女。
彩吹さんが柔らかい分、ちょっと残念でしたが、ショースターなオーラ勝ちですね。
あとは、歌が絶品。
本当にもう、上手くなっちゃって←
素晴らしい全ツ二番手でよかったね、水さん。

音月さんと絡む水さんですが、もうこの二人のダンスコンビは『ゴールデン・ステップス』での『キリエ』で感動。
絶品でした。
血の化身のも旅人も。
やっぱり、この二人が組んで踊るのは大好きです、また観たいな。

んで、紫のとこですが・・・
いや、変更はなかったんですが、して欲しかったとこですね。
未来さんじゃなくて、となみちゃんが歌えばいいのにと思ってる。
だって、通り過ぎるだけならいらないだろと思うのですよ。
となみちゃんの低い声が好きなので、歌ってほしいシーンですね。
そのまま残ってて寂しかったです。
一緒に踊ってほしいとは言わないと、水さんがヘロヘロになっちまう。

みずとなといえば、ラストの青衣装でのダンス。
リフトがですね、物凄く高くなってたってのは書きましたね。
肩の上まで持ち上げているんですが、あれはきっとコンビとしての信頼感の結果だろうなぁと思う。
でもやっぱり、大技はいらないと思うファン心理。
水さんの体力が心配なので、出来れば舞咲りんとリフトさせてやってください。
彼女は本当に上手いから。
谷みずせがリフトしてましたが、彼女の乗り方は上手いなぁ…羨ましい。

そんな感じで、多分まとめきりました。
目がしょぼしょぼします…寝ます。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/206-f6cda2ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。