-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2007-10-08 19:09 | カテゴリ:宝塚
むぅ、祖母が入院しました。
ついでにポリープを取ってもらったそうです。
DC見て浮かれてたら駄目ですね(笑)

はい、DC、銀薔薇のMY初日が昨日でした。
一日二回とも観劇してきましたよー。
そりゃもうヘロヘロですよー。
だってね、今日
体力測定だったんだもの。
体育の日に体力測定だよ、タイムリーだね★
明日、足が筋肉痛だと思われます。
でも、反復横とび56回成功を思えば、嬉しい…筋肉…痛……

嫌なもんは、嫌なもんだ。

さてさて、昨日は一回目が11列目、二回目がなんと5列目という良席で観れたので、とっても幸せ。
そんな観劇レポを一日遅れではありますが、頑張ろうー。

※本日のレポ、エンディングのネタばれアリ

あーくそう、眠い…


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

アドリブと思われるものが散乱しているような、なんというか
楽しい舞台でした。
脚本はやっぱりそれほどでもないんですが、役者揃いって感じでしょうか。
話はコメディで…どことなくシュガノンの香がしてきます、漂ってきます。

主要メンバーが老けましたが。

えぇっと。
ところどころに、『これは狙ってるのか?』みたいな台詞があって面白い。
覚えてるのは二つなんですが

●「そうして、闇が広がっていく…
●(劇中歌)『愛と死のタンゴ♪』

おおぅ、もしかしなくてもエリザベート。
そんな内容にケラケラ笑いそうなんですが…周りが笑わないのよ、なにゆえに。

最後のシーン、それはまるで夜のボートのようでした。
デジャヴ…
彩吹さんがえーっと、たぶん60歳後半くらいになってるんですね、ラストシーン。
んで、大月さゆちゃんが迎えに来るんですよ。

彩吹「私と一緒に行こう…」
大月「永遠は、ずーっと深いわ。」
彩吹「だから、一人じゃ寂しすぎるだろう…行こう、アナベル。」


良かったね、フラーンツ!!
人生のゴールは寄り添うようです。
で、詐欺かよ!!
みたいな、ポスターの吸血鬼コスチューム。
ここでようやくお披露目。
アナベルと寄り添うために、エリオットは血を吸われて晴れて吸血鬼に。
永遠の闇を、二人でお兄ちゃん若干放置してるんだけど歩くのです。
ここでロングコートを使って、ちょっとだけ踊るんですが、それがまたかっこいいのよ!
元々、ロングコートは大好きなので、翻すのが凄く上手くて綺麗です。

あとは…
あ、そう。
彩吹さんのヴィジュアルに切なくなる。
いや、顔じゃないです。
…なんだろう、キャラ?(ぉぃ)
キャラが本当に怪奇オタクの引っ込み思案なので、最初のほうが特に服が切ない。
髪型は『青い鳥を探して』のデニス(貴城さん)な感じですね、あはん。
ヘタレな感じが上手いですが、誰かにずーっと重なるなぁと思ってたら
ラ・エスペランサのファンでした。
そう!ファン!
ファンっぽいキャラですね、声のキーとかキャラとか。
可愛いですよ、彩吹さん。

そして、もう嫌味なのかってくらいs i n g s i n g s i n g です。
だいぶ音程が高い気がするのは、単純に前回がフランツだから?
もう、これでもかってくらい歌ってます。
あんなに歌えるのか…すごいな←
心地良くて、安心聴ける歌は楽で良い(待て)

ダンスはショー部分に固まってるけど、ああもうなんというか
お疲れ様です。
ショーで踊りまくって歌い、芝居では凰稀かなめが軸になるだけだから、彩吹さんがどうしたのってくらい踊りまくる。
ああ、もうまた痩せるよ、えくぼがえくぼじゃなくなっている。

個人的には、自転車に乗ってる彩吹さんが可愛くて大好きです。


大月さゆは、いかんせん髪型が面白いのでね。
風呂あがり、へにょへにょになった銀髪にしか見えません。
もうちょっとどうにかならなかったのかい…(笑)

ん、可もなく不可もない。
登場シーン、シュガノンとガン被りで笑いそうになりました。
等身大の、ちょっと子供かな、そんな年頃の役がよく似合う。
大月さゆはもっと踊れるんじゃないかなぁと思うんだけど、ダンスが少なくて残念だったかな。
彩吹さんに背伸びしながら抱きつくのが、激しく可愛かった。

二番手、だと思う凰稀かなめ(笑)
サリエルがグレた。
と思いましたよ、その容貌。
サリエルがパーマをかけたらしい、そんな髪型です、麗しいです。
なのに。
横を向くと、どうも面白くなる。
なんのマジックだよ、凰稀かなめ。
頭の側面の髪を、ビッタリと固めているのが面白いんだと思う。
あそこは、ふわっとしたほうがより綺麗だと思うのに。

ん、やっぱりダンスがとっても優雅すぎて遅れる。
周りが黒天使経験者とかばっかりだから、尚のこと目立って可哀想。
もうちょっと頑張って踊らないと、本気で一人だけ群舞遅れているように見えるよ。
そして課題の歌は…
ルドルフは一体どこに行った。
偶に音程が迷走している…頑張るんだ、凰稀かなめ。
君は、ダンスより歌がどうにか伸びると思うから。
VISAの次期イメキャラ候補なら頑張ってくれ。

芝居は真面目ゆえに面白いというポジション。
愛原実花ちゃんが凰稀かなめから血をもらうシーン、官能的。
うひょう←
彩吹さんに結局流されていくヘタレ具合が可愛い。
特に、マントで顔を隠しながら踊るとこは可愛かった…きゅふ。


さあ、緒月。
ようやく来たぞ、緒月。
緒月は、全体的にジャン=ポールみたいでした(ぇ)
怒ってるジャンポール、ずっと怒ってるジャンポール。
もうちょっと抑揚がついたほうが、悪役として含みが出来ると思うんだけどな。
歌も結構歌わせてもらってるんですが、緒月も歌厳しいのね…
でも、後半で歌うほどに咽喉が慣れるのか、緊張がほぐれるのか、歌が安定してきてて良かったと思う。
最初から安定すればいいんだけど。
ん、あとね、緒月だけではないんだけど歌詞が聞き取れない。
主演二人以外、殆ど歌詞がわからない。
緒月、一体何を力いっぱいに歌ってくれたんだろう?

緒月の役はわりと美味しいくせに、最後があっけない(笑)
大月さゆちゃんを攫ってからの台詞。

「消してしまうには惜しい美しさだ…アナベル、この研究所でずっと一緒に暮らすのはどうだ、二人きりで!」

素晴らしいエロ親父。
もう、緒月、おっさん臭くて素敵だよ。
緒月はメイクを考えるべきか…キャラが濃いのに、メイクが変わらん。
水さんが観に来てくれたときにでも、メイク指導してもらえ。
顔だけ可愛いとか、いかんだろう。
あ、でもだいぶ痩せてました。
頬がちょっとこけて、おっさん臭く凛々しくなりましたね。

ダンスはショーぐらいしかないかな?
でも、そのショーでのダンスが案外かっこいい。
今まで踊れなかった分、一気に発散している感じに見えましたが、どうでしょう。
黒天使が周りにいますが、健闘してましたね。
緒月、君が踊れる人で心底嬉しいよ…!!
ちょっと、じゃっかん、かなり星組ダンサーぽかったけども(笑)
タンゴが見れて、めちゃ嬉しい。

はーい、愛原実花ちゃん。
どうしよう

キ ュ ン 死

ダンスシーンは毎度毎度出てこられ、スリットから足を出しながら踊ってくれるんだよ、マデレーネが。
至福の一時。
ダンスは足が長くてスタイルが良いのは武器だね、かっこいい。
んで、マデレーネで培った『非人間』的な表情がそそられます。

芝居ではたぶん…二番手娘役位置だと思う。
黒のスリットはいった衣装が、これもまたセクシー。
酔っ払ってるシーンなんて、お持ち帰りたかった。
結局、凰稀かなめにお持ち帰られますが。←
血を吸われた後、ヴァンパイアとしての演技に変わりますがね。
色っぽくて素敵。
なのになんですよ、最後のいいところで笑わせてくれます。
もう、そのシーン、悶えるくらい可愛い!!
愛原実花ちゃんのお父さんが、彩吹さんたちに銃を向けたらお父さんを見てて下さい(待)


あとはポイント…
蓮城まことが吹っ切れた。
一瞬K-BOYの姿を垣間見せるキャラですが…
今でも頭の中で『僕は恋の予備校生~♪』っていう曲が流れてます。
彼女はいつの間にあんなに吹っ切れたんだろう、コメディをしっかりと演じていて余裕まである。
エリオット(彩吹)とアナベル(大月)のデートのシュミレーション、蓮城まことが女役。
可愛かったよ←

んん、いっぱい色々ありましたが面白かった。
クールな顔した凰稀かなめが、エリオットの髪型をみて

●(12時)『その髪型…変だぞ。』
●(16時)『その髪型…いいな!――…冗談だ。』

というのは、毎日アドリブだそう。
二回目のは、褒めた言葉に客席が笑っちゃって、冗談だが聴こえなかった(笑)
真面目に良いと思った人になっている、大問題。


久々に辛気臭くない作品をみて、なんだかほっこりと楽しかった!
これはなかなか楽しめそうです。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/223-aa7cf4a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。