-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2007-10-21 19:43 | カテゴリ:宝塚
久々に大劇場に行ってきました。
いつ振り?
MAHOROBA?かな、うん。MAHOROBAって私いつ行ったんだろうね(アウチ)

最近、大劇場から遠ざかっていたもので、ムラが異常に遠かったです。
いやまぁ、博多とかも行きましたが別話。
つい最近まで、ドラマシティに通ってましたから、阪急乗ってからが長い長い。
いやね、やっぱりね、私ですかね
寝てましたけども。
首が痛いです、端っこに座れなかったから緊張したんだよ。

今回春野さんのラストだというのに、この神谷。
観劇はなんと、たったの一回きり。
も、誰を見るべきかってところから悩む。
春野さんか、姐さんか、壮さんか、立さんか、旦那か…←
目が廻りそうになりながら、とりあえず必死で今日も観て来ました。

昨日同い年の友達が運転する車でドライブをしていた神谷が書きますよ。
あー、GRAPH11月号への拍手ありがとうございます!
…どうしました?(笑)
思わぬ人数に拍手頂いて、びっくりしております(笑)

ではでは、いい加減にレビュー!


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

MAHOROBAとは真逆でした。
ショーは楽しいが芝居がつまらん。
芝居は何とも盛り上がりの少ないお話で、途中で意識が空中遊泳しておりました、申し訳ない。
本命がね、壮さん&鈴懸姐さんという私の花組観劇なので、まあなわけですよ。
ん、ショーはね、姐さんが出ずっぱりだったんで楽しかったですが。

では、『アデュー・マルセイユ』について。


んー…
なんというか、平坦。
盛り上がりポイントも勿論あるんですけど…イマイチな盛り上がり?
これは多分、脚本のせい。
だって中盤で話読めるもの。
ネタが在り来たりすぎて、「こーくるかなぁ?」と思ったら正にその通り!
…そんな繰り返しは面白いですか?(笑)

それでもとりあえず、壮さんが髭つけたのにはびっくりした。
プロローグの、ダンスナンバーだけですが、もけぇっとしてるもんだから。
壮さんがね、歌が上手くなってて良かったなぁーと思う。
やっぱり、春野さんの下でやれば歌は成長するんだね。

えーっと、春野さんですが。
神のお声が降臨している。
黒蜥蜴とかあさきとかよりはマシになっていたように聞こえますが、それでもやっぱり
何言ってるかさっぱり解らん。
怒鳴ったら「ニュアーババシャバ、ニャー!!」としか聞こえないよー。
桜乃彩音との言い合いのところなんて、二人揃って「ニャーニャニャニャー!!」としか聞こえない。
…で、何て言って喧嘩したんだろう??
起承転結の、『転』に当るポイントなのに意味が解らないまま過ぎ去り、とりあえず走り去る桜乃彩音が
『アルテミスとオリオンは結ばれない…神話と同じね!』
と怒ったから、そんなことを言ったんだろうと思う←
というか、花組全体的に滑舌が悪い。
桜乃彩音は春野さんからの伝染か?
まとぶんは…元々なんだろうか?彼女は、声が篭って何言ってるんだか。
壮さんは中では明快だったけど、歌詞は解らない。
中でもう、しっかりくっきり台詞が解ったのは
立さん&星原さん
だけでした。
もう、この二人だけは声が通るし滑舌良いし。
花組にその滑舌方法を伝えて下さい。

鈴懸姐さんは、旦那(高翔さん)と組んでくれるのかと期待していたら、どうやら若い男のが良かったみたいで、未涼亜希と組んでました(笑)
未涼さん、私は初めて見ましたよ、黒塗り。
男臭い顔なのに、声が案外可愛いのが宜しいと思います。
胡散臭さてんこもりな感じがね、素敵だね。

うん。
壮さん、貴方はどうして必ず騙されるんだ。
騙していると思ってたら騙されてた、そんなガビーン設定がお似合いの壮さんのようです。
真っ黒なインテリ悪役、絶対似合うと思うのに。
どこか抜けてる、下っ端癖が抜けないよう。
…モーリーーーィス。

ごめんなさい、限界です。
これ以上の感想が特にない。
あんまり真ん中を見なかったからか、うん。
春野さんは歌が聴こえてくるから、それで満足して隠れそうな姐さん凝視だったんです。
春野さんは頑張ってましたよ、でもやっぱり昔の春野さんのほうが好きです。

次、『ラブ・シンフォニー』に行きましょうか。
こちらは、なんともオーソドックスなショーって印象ですね。
確かに噂で聞くように、ダンスが多かった。
多かったんですが…
踊れないんだから、歌わせてあげたほうがいいと思う。
なんとも中途半端にしか踊れず、舞台一人で踊ってるときなんか心配しちゃったよ。
歌の人なんだから、歌わせてあげなよ。
ダンスの人が、ひたすらダンスで退団したんだから。
じゃないと、また膝に水溜まっちゃうぞ。
羞恥プレイの一環なのかと思ってしまった←

えーっと…
まとぶんは、胸を揺らす、通称『オラオラダンス』のとき。
一番、輝いてた゜*。(*´Д`)。*°
流石、星組っ子!!GJだ!!

壮さんはね、別にダンサーじゃないのにね。

踊らされている。

もう、見てるこっちがハフハフしてしまったよ…ヾ(;´Д`●)ノ
途中から口がぽわん…と開いているのはエロス(*´ェ`*)でした。
一回だけ、よくある『目が合ったかも』錯覚に遭遇しまして、それだけで大満足。
ラブ・ゲームの前にソロがあるんですが、まあ見事に聴き取り不可能。
壮さん、雪組のときもうちょっと聞き取れたよ、私。
でも、やっぱりかっこよかったー(きゅん)

姐さんは、ほぼ全場面出場状態で、フルマラソンみたいなことに。
見ている分にはとっても嬉しかったんですが、ここでも旦那とは絡まず…
まとぶんと踊ってましたね、結構(笑)
若いのが良かったようです。
ダンスはもう、見ていて幸せ…・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
辞めちゃうのが、凄く惜しいです。
どこかの場面…多分ラブ・ゲームでサイコロの上に寝転がって、若干体を反らしたまま、足は上に上げていながら停止という、地獄みたいなポーズがあったんですよ。
それ、客席からみたら

白 目

でした。
…真実は如何に←

桜乃彩音は、パイナップルの女王がエロだった。
彼女は歌がマシになりましたね。
相変わらず、台詞になると声がキンキンして好きじゃありませんが。
若さ故に着れる衣装で、下半身の動きが…ぎ ゅ ん( 落 ち 着 け )

壮さんと姐さんを行ったり来たりしてたら、本当にあっという間に終わってしまいました。
春野さん、だいぶ痩せたんでしょうね。
目が垂れない。
仏様みたいな、にっこりしている春野さんが見れず、目を見開く春野さんでした。
命削って舞台に立ってる気迫を感じます。
ダンスなきゃ楽だろうに。


という(笑)
壮さんと姐さんのために、もう一回くらい観たかったのはショー。
芝居いらないから、もう一回ショーが観たいです。
…残念だな。
春野さんは色々絶賛されていますが、首傾げてしまう神谷です。
ダンサー好きには合わないんだよね、きっと。
真野すがたがガッツリ踊っているのが、偶に見えた←

以上です…ぬーん。
春野さん好きなんだけどなぁ、観る余裕がなかったのが原因か←

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/233-78c06676
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。