-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2008-01-09 00:07 | カテゴリ:宝塚
悩むことは 何もない~~♪

がずっと流れてます、何故でしょう。
えぇっと、本当は午前中に学校行ってから15時公演を観に行くんでしたが
ナイスタイミング寝坊でして、学校諦めました。
どうやら地元にあった濃霧は、学校の方に移動していたようで、電車が遅れていたそうですよ。
休んでも痛手にはならなかったようで、一安心ではある。

…今、この文章を書いてから一時間が経過してました←
GacktとL'Arc~en~CielとBOOWYのPVやらLIVEやらを見てたせいです。
美形がいっぱいいました、今ちょっと浮気してました。
氷室さんがかっこよいのだけれど、さてどうしてくれよう。
最近聴いてなかったけど、またアルバム聴こうかな…

いやいや、そんなこと言ってないでちゃんと感想を書こう。
今更ですがね、やっと三回目を観劇してきました。
変更点とか、前回書けなかったところとか、色々書いてきます。


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

本日、びっくりするほどの良席。
2列目で観劇。
下級生に好きな子が多い私にとりまして、一桁台の番号ではありましたが、至福のときでございました。
てか、水さん目の前通るしね!
銀橋を誰かが渡るたびに、きゃいきゃいしておりました。

えーっと、ジョルジュ君がそろそろ慣れてきたのか、反応が滑らかになってきました。
『僕はモテモテ』の替え歌(笑)、『僕はボロボロ』のところでは「あぁ!」と項垂れるところ。
今までは頭を抱えてたんですが、今日は顔を覆ってた。
すっげ可愛いね、ジョルジュ。
そして酔っ払って教会に行くところは、日に日に激しくなってく。
「おとぉーしゃーん」って言ってた(笑)
へにょへにょ感が好きでーす。

あとは…
あ、フェンシング成功おめでとう!
何となくよくタイミングが合わなかったりしてましたが、今日は完璧だったよ!
ちゃんとかっこよかったよ!
銀橋目の前ってことで、つまりはサーカス魂に入る前の、花道で喋っている金持ちズが目の前ってことで。
目の前を無視して、ずっと何か喋っている三人を見上げてた。
なーんかね

ジョ「どうしたらいいんだよ!」
フィ「どうにかなるさ。」
ジョ「御前なぁ!」
フィ「ごめんよ。」

 (サーカスメンバーの歌唱)

ジョ「あ…おい、見ろよ。」
フィ「いい感じ。」
アル「本当だ。」
ジョ「俺たちもやるか。」
二人「何を!」
ジョ「いいから!俺が行ったら御前らもな。」
アル「えぇ~。」
ジョ「ほら行くぞ!」

みたいなやり取りをしていましたよ(舞台見ようよ、神谷君)
途中からもっとおどけてたんだけど、流石にコーラスに声が負けた…
でも面白かったな、ほぼ生声みたいな感じでやり取りが聞こえて。

あーっと…

噛んだ。

頑張ってたのに、緒月に対して「名義だけは御前が継いでくれ」と頼むシーン。

「みょ、みゃ、……名義だけは御前が継いでくれ。」


ミラクルぐだぐだ。Σ(-`Д´-ノ;)ノ?!
ちょ、やらかしてくれるじゃないか、ジョルジュ君。
問題は、一番ウケたことだと思うのな。
今までは何だったんだろう的に、爆笑を頂いておりました。
うん、でも幸せそうだったよ、結局は←
第二爆笑ポイントになったのは、マルキーズにアトリエに一緒に行こうと言いながらはけるところ。
「あれのどこが良いの?」という、残酷な質問をしておりました。
てへへ。

目の前をよく通ったのは、緒月ですかね。
でっかかった、そりゃやっぱりでっかかった。
そして生声にときめきました。

そして語り損ねている、親友とセリメーヌあたり。
音月さんは、以前まで壮さんがやってたみたいな、話を進ませるが為の脇キャラ。
華やかだし脇になりきらないのが凄くいいと思う。
見せ場が特にあるわけでもないけど…音月さんには似合うと思う。

凰稀かなめのアルセスト。
徐々に力が抜けてきたようで。
まだ、もうちょっと大げさにやらないと面白くないところはあるけども、銀薔薇以降弾けてるなー。
特に、コチョコチョされているシーンでは
「いやん、止めて…あ、もっと…」と破廉恥発言で面白かった←

セリメーヌの大月さゆは凄く頑張ってると思う。
『この人と結婚するわ』のナンバーは、アルセストへの呼びかけが好きだ(笑)
彼女のアンチが多いのは…何故??
コメディに対するセンスが良いのと、若さが醸し出す勢いがセリメーヌにはよく似合っていると思うのです。

芝居はこんな感じ。
あ、あのずらりとサーカスの千秋楽を観に並んでるところでは、芸術家が目の前。
「誰がチケット持ってるの?」
「大丈夫だから早く!」
「ああ、もう危ないだろー!!」
とか、走りながら盛り上がってるのがよく聞こえました!


ショーの感想へ。
これは、もうビックリするくらい

真波そら観劇ポイント

だと思う。
目の前に立ちまくるもんで、恥ずかしくなってしまったよ…
私の席は銀橋渡りのとき、水さんの視線の先に上手く入るようで。
金色衣装のとき、一緒に口パクで「ミッロワァ~ル~」と歌ってたら

視界にIN

してしまった。





見てもらった気分に早々になってしまいまして、挙動不審な人になってしまったよ。

それだけでもキャイキャイ行ってたのに、次には客席降り。

先頭が真波そら。




目の前に立ち止まったのはこれまた、蓮城まこと。
知ってるし!分かるし!!
なメンバーで、またもや口パクをしてみる。
これはね、やっぱり皆反応してくれるんですよ。
見てもろた(*´ェ`*)
顔ちっせいよ、やっぱりちっせいよ。
そして銀橋に戻るときには、いつものように真波そらウォッチ。
気付いてくれたようで、こっち見ながら歌い去ってくれました。
最後のポーズまで目の前だから、大人しく真波そらを見つめていたら、何度も見てくれました。
やっぱり良い人だ…。

メドゥーサの場面も真横の花道から緒月とか真波そらとかが走り出してくる。
でかいの何のって。
迫力に押されるのすら幸せってのは病気だろうか。
ここの水さん、目元のライトがよく消えてたんですが、今回はサングラスを取ったら光るようにしていたようで。
あ、サングラスが変わってました。
…前のやつのほうが、幅があって好きだったんだけど、螺子が馬鹿になったんだろうか。
水さんは、この『命あるもの全て石に変える~』だけ上手い(笑)
どれだけここ練習したんだろうかと思いながら見てしまう、そんな神谷君視点←

女装シーンは、彩那音が目の前でしたがナチュラルに可愛いという問題。
違和感ないYO、どうしよう!!(笑)

そういえば、数多くある水さんのデュエットダンスですが。
他の子とやっちゃダメ?
となみちゃんが痩せてくれたので、まだ見てられますが、できればリフトを無くして欲しい。
ダンサーと踊れる彩吹さん以下男役がすっごい羨ましいよー。
真波そらなんて、元々リフト上手いのに舞咲りんだよ!羨ましい!!
水さんが無理しているようにしか見えないから、踊れる娘役と踊って欲しいよ。

そんなこんなで迎えたパレード。
期待を裏切ることなく

真波そらが目の前。




又もや微笑んでもらった私は満足。
さり気無く隣の、麻樹ゆめみもにっこりと笑って下さいました。
うひゃーい。

幕が下りるときには、真音君が手を振ってくれ、最後の最後には真波そらも手を振ってくれました!
もうすっごいいいね、この端の席!!
実花ちゃんだけは観難かったけど、芝居のときに目が合った気がするので良かったことにしておきましょう。

そんなこんな、三回目の結果報告。
次は12日、13日と連続で行ってきますよ★


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/276-1f392fe9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。