-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2008-08-03 20:31 | カテゴリ:歌劇・GRAPH
さあ、久々の歌劇感想。
でもそれは、追記に書きます。
なんせ、ネタばれの宝庫なので。

こちらには、星組のアドリブ報告です。
間にも二回ほど行ったんですが、試験期間ド真ん中とかだったんで、報告はそのまま流れてしまいました…
今日の報告は、昨日の15時公演。
サンケイリビングの貸切公演の分です。

どんどんアドリブがテンション上がっている安蘭さん、アドリブ報告すると体力使い切った感が否めません←
とよこの報告が何も出来てないとか、本気有り得ない!!
今回はとよこ情報も書きますよ!
でもまず、アドリブから(笑)

まず、デッサンのポーズに入るところ。

前にも一度見た、指差しポーズ。
でも、三回方向を変えました←

あと、このシーンのあと、ショーブランに衣装を勧めるところで。

『よければ、私のお洒落な衣装をお貸ししよう。白地に、朝顔の模様があって、ジャパニーズ 浴衣。
赤い帯に…下駄履いて!ひゅ~~~~ぅうう、ぱぁあん!たまやー。
いかが?(余りの勢いに返事出来ないショーブラン)あははは、結構?本当にいいの?うわぁ、遠慮してるのかな。(更に無言ショーブラン、でも頑張って"結構です")
そっかぁ。では失礼、シトワイアン・ショ~ブラ~ァン~~ひゅ~~ぅうぽぉおん!』


パーシー…(爆笑)
宝塚花火大会だったからなんですけども、そのしつこい感じが大好きだ。
何だろう、もう手を叩いて笑いたかった。

このあと、仮面舞踏会のところでも、ひたすら『ぽぉおん!』言い続けてました。
プリンスにも、ショーブランにも(笑)

更にヒートアップで、ショーブランをスカーレット・ピンパーネルだと決めつけるシーン。
執拗にタスキを引っ張り続けるパーシー。
ショーブランが引っ張っても、全く離さないパーシー(笑)
話す瞬間に再び、『ぽぉおおん!』
許してあげて←

更には、グラパンに扮しているパーシー。
次はアンタの首が飛ぶよ、のところ。

『今度はアンタの首がとぉ~おぶよぉお~~~~ぽぉおん!』

首ーーー!!!!Σ( ̄Д ̄lll)
首がまさかの破裂です。
もはや、グロテスクです(止めて)

そして、マルグリットが蹴ろうとする最後の見せ場(違)

『何だよ、ちゃんと捕まえとけ!!("すいません!と謝る部下")すいませんで済んだら警察は!!…いるな。うん、。いるな。』

ダメだ、腹がよじれる。
ここまでこんなに面白くなるとは思っていませんでした。
そして、油断しすぎて噴き出しました。
いやぁ、グラパンは計り知れない(待)

そんなこんなのアドリブ報告。
続いて、終演後のインタビューになります。
もう、司会が遥さんなので、関西のぶつかり合いが面白くて。
そして、流石にメモが出来てないので、内容だけです。

あ、ちなみに衣装はシマウマでした←
そしてリアルに、ずっとはけふきで汗を拭いておられました。
黒に金メッシュのフリルが、やっぱりお洒落でございましたよ。


●(安蘭さんが一番楽しんでいらっしゃるのでは?)…その通りです!!

●私が一番楽しんでいるところ?グラパンです。

●グラパンは初日あたりからどんどんエスカレートして行ったと思う。舞台で、あの衣装着たら、自然とあんなキャラになってました。

●(今後も進化していきますか?)そうですねー。でも、最近パーシーの方が、少ない。グラパンの方が印象強すぎて、パーシーの方が弱いので、ちょっとその辺の加減が難しいですね。

●(終始花火ネタだったことについて)もしかしたらこの後花火をね、見て帰られるかもしれないので、少しでも見れたらそれは宝塚花火大会として…なんでこんな宣伝してるのか解らないんですけども(笑)

●(アドリブを楽しんでるのか、それとも柚希礼音を楽しんでいるのか?)両方ですね。自分のアドリブに対して、ショーブラン扮するちえがどんな反応をしてくるのか、楽しみですね。
お客様もショーブランどう返すのかな?ってドキドキしていらっしゃるんだろうなって思って、ドンドンつっこむんですけど、ショーブランではなかなか返しにくいみたいです(笑)

●(これから三回でアドリブは変わるか)変わりますね。まだ考えてないですけど。

●(夫婦についてのつれない台詞に対して。)いやぁ、私夫婦じゃないから解らない(笑)
("結婚初日にして千秋楽の夫婦"と評する遥さんに)ああ、本当だ。
(別れそうで別れない夫婦の秘訣について←)世間体もあるかも知れないけど、見て見ぬふりをする?いや、許すってことじゃないですかね。

●(誤解が解けたあと、一人で独唱するシーンについて。)あははー(笑)気持ちいいですね。

●("一欠けらの勇気"について。)歌詞もまた素晴らしくて、曲も耳馴染みがよくて、帰りに口ずさんでもらえたらなと思って。歌ってても、とても気持ちいいです。



『本日は産経リビング新聞社貸切公演にお越し下さり有難う御座います。もう分かっていますが、訊いていいですか?スカーレット・ピンパーネル、お楽しみ頂けたでしょうか?
私たち星組は本当に素晴らしいミュージカルに出会い、幕が上がってから今日まで、本当に本当に楽しく公演をして参りました。
この公演も宝塚ではあと二日、三回ということで、宝塚でこのスカーレットピンパーネルをするのが、別れるのが本当に寂しいなって思います。
楽屋でもよく言ってるんですけども。でも、悔いの残らないように8月4日まで公演していきたいと思います。
なので、皆様。宜しければ是非東京にもいらして下さい。…何笑ってんだ?(笑)
そして今日は帰るときに宝塚の花火大会を思い出に帰って頂ければ幸せです。
今後とも産経リビング並びに宝塚歌劇、中でも我々星組をどうぞ宜しくお願いします!本日は有難う御座いました。』


随所で笑わせてくださる(笑)

そんな中、すずみん。
この日は早着替え、どれも余裕だったようで、満足げな笑顔を振りまいてました。
とよこ、皆それをやってるんだよ←
そしてコトコトとのデュエット中は、絶対に口が「花火大会行こう」って動いてた!
相変わらずのラブラブです。
そして、コトコトがすずみんの背中に隠れているとき。
スカピンの正体をショーブランが仮面舞踏会中に探すところのナンバーになるのかな。
すずみんの口は動きました、凄く優しい笑顔で、コトコトの手を握りながら。
「大丈夫。」
かっこよすぎるんじゃ、ちくしょーーーー!!
もう、コトコトが羨ましい…
でも、水さんの嫁に欲しいとかは言わないよ。
すずみんの嫁でいて下さい(ぇ、そっち)

あ、あとロケットで一人帽子落としました。

これくらいかな。
今度は千秋楽、つまり明日です!!
たーのしみだーvvv


さて、雪組な皆様(笑)
歌劇が届きましたので、座談会の内容を、感想という形でご紹介致します。
ネタバレしますから、嫌な人はここでUターン。
いいや、それを待ってたんだ!って人は直進。
え、どうしよう…って人は、Uターン複数回。

さあ、いらっしゃいませ。


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

まず、ソロモンの指輪について。
神谷的にはですね、何が嬉しいって、指揮:岡田良機
私は今、猛烈に幸せです(ずれてる)

そして、注目すべきところはここじゃないかな。

普段しない試みをしようというオギー。







『結構思い切っているのが、ミズはプロローグ以降、一切歌わないというところ。』
















( ゚д゚)ンマッ!!

え、オギー。
それは、
えと


演出?←
それとも

苦肉の策?←←

でもオギーがひたすら、ミズはすごく存在感があるから、それだけでも浮き出てくると思う。っていうから信じます。
…実況CDを写真のためだけに買えというのか、オギー。
流石に泣くぞ、オギー。

そして、自分は指輪の精。
絶対ソロモンだと思ってたという水さん、「腕に飾りがついた衣装着て、両手広げて出てくるつもりだった(笑)」という、衣装イメージまでしてたみたい。
どんなに楽しみだったんだ、水さん。
でも、オギーは流石です。「でも、ソロモンの"指輪"がタイトルロールだからね。」と返してました。

水さんは指輪の精S(ガスパール)という通し役。
なんだか、となみちゃんとの絡みはあんまりなさそうだな。
となみちゃんが、指輪の女王的な雰囲気になれば、との話です。

しかも、このショー、あまり踊らないというじゃないか。
水さんの見せ場は、練り歩くという、色気放出オンリーですか?←
プロローグも、水さんはひたすら練り歩いているそうです。
オギーはそれも、スターさんだから歩くだけでいいっていうけども!!

でもね、水さんファンは喜べると思うの。

「このショーの世界は、ミズから始まりミズが終わらせるということになります。」

ひゃっほい。
一分程度の場面だそうですが、ちょっと踊りありそう。
そして、水さん一人きりで幕が下りるそうです。

うん。

喉に優しいね!!

読む限り、彩吹さんがずーーーーーーーっと歌ってます(笑)
彩吹さんファンは、実況CD買うべきだと思うのー。
水さんファンは…写真で選びましょうね←
私は買います(貴様)

なんだか、黒燕尾をまた着るみたいだし、水さんは黒っぽいイメージらしいので楽しみ。
とにかく、水さんのテンションが高いから、凄く気に入っているんだろうとは思う(笑)
オギー好きの水さん、テンションハイで良かった、良かった。
水さんが楽しいなら、何だっていいです。


マリポーサの花

水さんの正塚先生に対する意見が、相当ズバズバ言うもんで焦ります。
正塚先生の考えかたとぶつかる部分は、本気で言い合ってますね、この人。
でも、キムシンのときよりもそれだけ、自分の中の美学やら何やらを出し切ろうっていう意力を感じますよ。

とにかく、裏世界な感じかな。
革命の中で、成功の裏にはこんな男がいたんじゃないかな、的な発想から生まれたそうです。
水さん主役っていうのを軸に考えてくれたらしく、ピカレスク・ロマンを!!
めっちゃ嬉しい、水さんでピカレスクとか!!
エネルギーがないと出来ない男を、水さんなら出来るというので書いて下さったようです。

今回、水さんは結構感情を爆発させるところがあるらしく、凄く珍しいって言われてる。
彩吹さんは親友役で、駄々をこねたりもするらしいんですが、これも珍しいとのこと(笑)
正塚先生的には、水さんのイメージをそのまま書いたらしいんですけども(笑)

戦争という雰囲気があるらしく、水さんはなんと、彩吹さんとゲーセンに行ったそうです。
シューティングゲームをしたんだとか。
そしたら直ぐに腕が痛くなっちゃったって、どんだけか弱いねん!

本当にハードボイルドなんだなぁ…水さん、似合いそうで嬉しい。
となみちゃんは戦場に行く水さんを止めたりもするらしいんだけど、自身は本当に戦争とかテロとか聞くのも嫌だそう。
その感情を持って、ネロに愛しているからこそ行かないで欲しいと伝えればとのこと。

…好きだけどな、エンターテイメントとしてのものなら←
正塚先生寄りの頭です。
自衛隊ばんざーい(黙)

ちなみに、緒月はマフィアのボス、凰稀かなめはCIAだそう。
未来さんが大統領、音月さんがとなみちゃんの弟(大学生)なんだって。
相変わらず、水さんが孤独な香がします(笑)

で、ショーはオーソドックス。
ついこの間のミロワールがオーソドックスだったので、ちょっと残念だけど、オギーが個性的なのでまあ良いかな。
というか、芝居ではもうちょっとだけ歌ってください。
私は水さんの歌だって好きなんだ、ちょっと歌って(何ちょっと)

あと気になるのは、『120分といっても芝居の時間はいつもと変わらないので、二回公演でも大丈夫です。』という水さん。
ということは、ショーが長めにあるってこと?
20分くらい、ショータイムってこと???

よく解りませんが、もうじきに幕が開きますので、楽しみにしておこうと思います。
全体的に重いっていうから、寝なきゃいいんだけどな(笑)


水さんの魅力が味わえるなら、私はそれで十分です。
面白かったら更に嬉しい。
楽しみにしています。

そんな感じでした。
いやはや、歌劇感想とは名ばかりだな(笑)

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/388-97142120
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。