-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2008-09-12 03:41 | カテゴリ:宝塚
すいません、観に行ったの9日でした!
ちょっとお疲れだったのーん!
だって、翌日が二週間ちょい振り丸一日休みだったのだもの!!
18日から9日まで、何かしら用事が入ってて、久々のお休みだったからゆくーり、またーりしてました。
そろそろ、23日に出す課題に手をつけなきゃならないんだけども、そんな余裕もなくぐだぐだしてた。
というか、本読んでた。
一冊一気に読み終わりました。
いやもう、至福゜*。(*´Д`)。*゜なひとときでした。

篠田さん好きよー!
京介好きよー!
龍好きよー!
D好きよー!!
←混じった

あー、ゆっくりゴロゴロして本読んで楽しかった。
でも、結局今日からまたバイトです。
夜、男の子しかバイトいなくてマジで凹みました。
だって、オーラが怖いんだもの(ノД`)・゜・。
ベテラン+男の子って、がっつり苦手です。
前のバイトの日は、完璧に女の子だけだったから天国だったのになぁ…
本当に今日は、女一人でした。
こう、質問しようにも、まるで質問できる雰囲気じゃない。
凹んで、途中で

御前は部下なんかじゃないぃぃいいッ

って叫びたい衝動にかられました(最早病気)
そんな感じで今回書こうと思っておりますのは、

夢の0列観劇報告

でございます。
0列に座ったのは15時公演、ひそかに11時公演も見てた私。
『おまえ、さっきも居たくね?』的水さんの視線に射抜かれて、死にました。
うん、さっきも居たよ!( 落 ち 着 け )

最早、単なる自慢報告に過ぎない気がする←
でも書きます。
だって、嬉しいもの!!(黙せ)

自分も0列行った気分になりたいような気がする。みたいな人は、さあ読んでみよう!!



にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

もう11時公演はいつも通りだったので、0列に絞ったお話をしようかと思います。

●ソロモンの指輪

幕開きました。
うひゃぁー、指輪でけぇ。
とか思ってたら水さんの練り歩きです。
目前なんです。
目前で、冷ややかに見下ろしてくるんです。

愛 し て ま す 。

あーもう、水さんがめちゃめちゃ綺麗!!
何あれ、誰あれ、ねぇガスパール!!(気付いてるやん)

水さんに見惚れながらも、更に目の前のものがありました。
せしるちゃんの美脚。
ちょ、細!!
てか、濃い、めちゃ濃い!
ガチで濃いって、綺麗、いやてか脚!!

単なる馬鹿に成り下がったのは私です。
ごめん、せしるちゃん。
足を舐めるように見ていたのは私です。
その後ろを歩く水さんに目を奪われながら脚を見ていたので、非常に挙動不審な視線になっていました。
この時点で、かなり目が疲れました。

そして次は目の前に降りてくる、看板娘と評判娘。
初めて知りましたが、早花まこちゃん、宝石見せながら『ほら、皆見てくださーぁい』とかってずっと喋ってるんですね!
未来さんたちが登場したときは、『えー、誰ー!?知ってますか!?』って言われました。
え、えぇっと、ハマリンコ大先生です←
非常にちっこくて、頷くたびに帽子が揺れてて可愛かったです。

そして、練り歩きトリオの登場。
私の座ったところは、目の前で順番に立ち止まってくれるようなポジション。
まず一番初めに凰稀かなめ…顔ちっさ!キラキラ、うわ、キラキラ!!真波そらの櫛でやってるんだ!
次にとなみちゃん…人形!!人形きたよ、コレ!!うっは、コロンって丸い、ちっさ!(軽くパニック)
最後に緒月…男くさ!うっは、かっこいい!でもカワユス、カワユス!!緒月ー!!(完全にパニック)
という、感想を心の中で叫んでおりました。
実際は、阿呆面を晒す勇気は無くて、口を押さえて見上げておりましたが。

わたわたしていましたら、束の間出てきた水さん。
を、見るつもりだったのに、彩吹さんに視線を奪われていた私←
黒燕尾と黒ドレスの群舞は、目の前にあたる子を見てたんだけど、さて誰だったろう(笑)
普段、ここでは彩風×みな子ちゃん を見てるか、被って見えないときはあずりん×沙月愛奈を見てるのね。
だから、それ以外はどこに誰が居るのか、よく解らないまま見ています(笑)

そんなことをしていたら、彩吹さん銀橋登場をされておりました。
又もや目の前で立ち止まってくれるんだけども、ちょっとママンが奇抜なものを着ておりまして。
恐らくそれが目に入ったんでしょうね。
『叫びも嘆きも!』という絶叫しながら歌う瞬間、普段とは明らかに違う
『え?』的な眉間の皺をしっかりと確認いたしました。
いやぁ…本当に目の前で見る彩吹さんは相当に細くて、かなり綺麗でした。
美声過ぎて仰け反りそうでした、次水さんだし←

彩吹さんが去ったら、次は紫水ホース(何者)
相変わらず練り歩きます。
そして、目の前でゆったりと方向転換を、至極いやらしくして歌っていく。

襲い掛かりそうでした(危険人物)

ルンバごとお持ち帰りしたいよー←
目の前で、それこそプチミュにあるブーツを見るかのように足元を凝視しました。

折れませんか!?
ねぇ、この膝から下は折れませんか!?
そんな鬣ともっさりした衣装は重くないですか!!??
というか
リフトなんてしてはいけません!!


的な細さでしたよ、足。
あんな脚で、あんなに踊ったらいけないよ。

ジャングル、目の前の人がひっきりなしに入れ替わるものだから、もうだれを探すでもなく、視界に入った人を、大人しく眺めていました。
それでも充分に楽しめるのが、このショーの醍醐味だと思うのな。

またもや挙動不審な目の動きをしていたら、爽快に走り去るメルヘンカップル。
しならぎコンビを見送って、もう既に泣きそうでした。
そして、相変わらず暗闇から追うのが好きなので、下手花道からゆっくり現れる彩吹さんを凝視。
今回、彩吹さんのダンスで、銀橋で片足でバランス取って、片足は曲げるっていうポーズありますよね?
あれが大好きなんです。
そしたらまぁ、目の前でそのポーズ。

心 底 幸 せ で す 。

もの凄くじっくり彩吹さんの顔を見ましたが、元々睫毛はブルーにしてて綺麗。
さらに、アイシャドウにラメも上に塗ってるのかな、キラキラしてて凄い良い。
目を伏せて、尚且つ横顔の瞬間とかキュン死しました。
どんだけ脚長いんだろうとか、本当にびっくり。
歌はもうちょっと離れたところからスタートだったんですが、それでもしっかり生声。
癒しだ☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆
そんな幸せな気分から突入する第四場。
近さ故に、娘役のスカートは本当に波のうねりに見えました。
このシーンは本当に圧倒されるばかりで、こう萌えてる余裕とかあんまりなく←
それでも、水さんの他の二人の指輪の精に対する必要以上の上から目線には問題なく、一発KO喰らっておりました。
もう、彩吹さんに抱き締められてるときも、音月さんの顎撫でるときも、一瞬恍惚とするのに、すぐに冷ややかに一瞥するんだもの。
テンション上がっても仕方がないと思わない!?

第五場の冒頭、水さんのソロダンスは本当に圧巻でした。
宝塚プレシャスでも書いてあったけど、コンテンポラリーダンスは水さんは本乙に上手いと思う。
息遣いが全部聴こえたし、感じられる場所だったから、一緒になって水さんを観ていたように思います。
お陰さまで、若干息が苦しい&腹筋疲れた気分に陥って大変なんだな。

一気に場面的にテンションを上げてくるのは、やっぱり音月さんの西風の部分になるのかな。
皆が銀橋に走り出してきて、目の前で立ち止まった子。
紫友みれい。
後一個ずれたら真波そらなんだけどもな。
みれいちゃんは、もうエネルギッシュに猛烈にダンシング。
一瞬みれいちゃんの背後に常夏が見えました。
何かこう、暑ッ!みたいな←

それが終わったら、いよいよフィナーレに近付いちゃうのですね。
水さんが登場、人が徐々に増えて、水さんはさゆちゃんに先導されて銀橋へ。
ああぁっもう、無臭!!
彩吹さんとか音月さんはなんらか香水らしく香がするんだけど、水さんだけは本当に無臭。
いいの、好きだから。
この銀橋渡りでは視線は上で、立ち止まりも無いので、ちょっと平常心で見詰めることが出来ました。

顔ちっさ!
てかやっぱり細いよ、トゥスン細いよ!!衣装ふかふかってふかって!
腰位置がもうおかしいって、まじで!
つか、だから顔が小さいって、何あれ、ガスパール!!


という、感想がエンドレスです。

水さんがイチゴちゃんに着替えてからも、やっぱり水さんを追い掛けてた。
そしたら、猛烈な声量で歌が聴こえる。
何事だと真正面を見る。

彩吹さんが完璧に目の前。

あぁ!ごめんなさい、ちょっと浮気してました!!←
歌っている間、完全に彩吹さんだけを観ておりました。
傍目、完璧に彩吹さんファン。
あれ・・・?←

そしてイチゴちゃんが去っていくシーン。ここも余り立ち止まってはくれないんですが、見事視界に滑り込み。
『俺のこと見てなかっただろ?』的な視線を頂いたような気がしないでもないです。
彩吹さん観てたからな、間違っては居ないんだよな(待て)

もういっぱいいっぱいな中でショーは終了、夢見心地でした。

●マリポーサの花

慣れない多忙と、前日に四時近くまで起きてて睡眠時間三時間だった私。
加えて、がっつり11時公演も観ていたとなると、流石に眠たい!
なので、ところどころ、かっくんこっくんして睡魔と死闘を繰り広げておりました。
何が困るって、よくコッチ観るんですよ、水さんが!
ネロはあんまり上見えないで、下の方を睨みつけるから、視線にジャストにインするんです。
ごめんなさい、頑張った結果です。死闘を勝ち抜いていたんです。

とりあえず、一番最初に彩吹さんと二人で銀橋を渡るところ。
水さんが一人で心意気を歌ってる間、彩吹さんは目の前で佇むジャストポイント。
生き生きとしているネロを見て、なんだか満足そうに微笑むエスコバルが凄く素敵な男でした。

芝居はショーほど近さは感じないんだけど、やっぱり臨場感というものはしっかりと伝わってきました。
水さんの二曲目、ネロの心境を歌うところでは、どの席でも対して声量が変わらないというのがとっても愛しいです。
素敵過ぎるよね、そんなの!!
か細くも生声を聴けて、録音したくてたまらなかった!てか、持って帰りたいんだって!(落ち着け)

んで、近さを実感したのはやっぱりエスコバルとの別れシーン。
どっちに感情移入しているわけでもないんだけど、単純に第三者として作品を見てかなりじーんときました!
それでも泣けない理由は唯一つ。
勿体無いからだ!(非常に残念)
どちらかというと、やっぱりネロの視線で観てるかな。だから、エスコバルに押し返されたときとか、胸が痛くなる。
双眼鏡でアップで見るのもいいけど、双眼鏡なしで、二人を同時にとらえてみるとまた違った見方になるんじゃないかと思った今日この頃で御座います←

んでショーに入ると。

『グラァシャス』に萌え死んだ。

もう、マイクなのか何なのかわかんないくらいかっこよかった、エロフィス万歳!!
勿論、デュエットダンスの銀橋での荒業もかなり素敵でしたよ!!
でも、やっぱり声が…留めのウインクが…!
素敵過ぎてムカつきます←

これは気のせいかなぁ。
娘役のダンス終わって、男役と入れ替わるときに、みな子ちゃんが見て笑ってくれたみたいに見えたんだけどなぁ・・・
いつか確認してみたいんだけど、聞く頃にはすっぱり忘れていそうな予感がします(笑)

んで、怒涛のパレード。
目の前をいっぱい通った。(混乱)
彩吹さんが始終微笑んでくれているので、ほっこりと幸せです。
凰稀かなめも、何となく見ては行ってくれたと思う←

そして、0列だったらやりたかった、水さんにちょっとだけのお手手フリフリ。
もう、胸の前でちっさく、でも一生懸命にやってみた。
そしたら水さん、若干流し目気味で、二、三回ヒラヒラしていきました。

『はいはい、解ってるから落ち着いて。』的な反応。

∑いつもとなんか違うくない!?

あれですか、ちょっと寝てたからですか。
彩吹さんに浮気をしていたからですか。
それとも、明らかになんか初心者じゃないオーラを放っていたからですか。

でもいいもん、絶対に私振ってもらったもん(思い込み)
痛い子でいいもん、私激痛の子だもん(認識)

いや、でも本当に幸せな一時でした。
これからまだまだ観に行きますが、この感動も忘れずに、いつものように色々隠された演技を探そうと思います。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/411-d622095e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。