-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2008-11-10 02:21 | カテゴリ:宝塚
行って参りました。
安蘭さんと遠野あすかベルサイユのばらを。
三部作のうち見たものは雪組と星組。
花組と宙組は見ることなく終わります(笑)
もう当分革命いらない←

今日の梅田、お客様はしっかり顔認識できたのは
柚希礼音とかつき姐さんですかね。
正直目の前にジェンヌさんが着席していたんですけども、雪組下級生しか解らない神谷くんには色々厳しかったです←
柚希礼音は始終愉しそうに手を叩いてました。
すずみんとかも凄い嬉しそうだったし、良かったなぁーって思います。
うん、星組のエマ・エージェンシーは素晴らしい(何確認)

さあ、安蘭さんたちが退団を決めてしまいましたので、一作を本当に心込めて観劇したいと思います。
と思って席に着きました。
しかし!
世の中そんなに甘くない。

とよカル゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚とよカル

るんたったでした←
早々に志はぽっきり折れました、非常に申し訳ない←←

そんなこんな、よこしまな私の観劇感想を行きましょう(笑)
もう、ひたすらに狂喜乱舞しているけども、上手くスルーしてください。


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★


『ベルナール編』

プロローグが雪組と一緒だわぁー。
あ、「ベルサイユにばらが咲く」だぁー。

・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ 


・ ・ ・ ・ ・ ・


同じ歌?..._φ(゚∀゚ )アヒャ


あぅうぅぅぅううあぅうあ(むせび泣き)

プロローグ、いっぱい小公子が居るんだけども、うん。
真波そら、全然いけてたよ。
にしきLOVEの小公子、色々赤面な状態にありました。
そして衣装も全部使い回しなんだけど、貴族でもないベルナールが宮廷服着てるのがどうしても違和感。
ジェロ様は貴族だし、実際舞踏会でも使ってたから良いんだけど、どうしてもなんか…違う。

そして全く同じだと思ってたのに、水さんたちは最後をデュエットで締めたところが、
安蘭さん独唱で終わりでした。
もうね、この曲は全力で歌謡曲なんだけども安蘭さんに凄い合ってた。
「永久に輝けー、革命のオベリスクー!!」っていう静かに、でも熱い歌でした。
ベルナール持ち歌って感じだね。

そして本編。
うん、もうね。
オスカル万歳っていうオーラがびしばし語られる内容になります。
そうだね、まあね、とよこがやってるんだけども、どうしても
イッラァってする私は、とことんベルばらに向かないんだろうな。
いや、とよカルは好きだけども、オスカルは嫌いだ←

うーん。
私はジェローデル編が一番外伝として成り立って見えたから、このベルナール編は中途半端でした。
三部作意識しすぎて、最後詰め込みすぎて、なんか気持ち悪いラストです。
だから一体何なんだよみたいな印象が強いです。
安蘭さんと遠野あすかが熱演してるし、絶唱してるんだけど、それでも埋めようがないスカスカな脚本なのが残念だなぁ。
これを見て、どこら辺でどうテンション上げていけば良いのかわからない。
テンション上がるところ、つまり歌唱場面とかなら確実だけど(笑)
流石に三回目の脚本だし、安蘭さんだし、と余計な期待をした所為だろうか。
首傾げて終わってしまいました、むぅ。

まあ、文句いってても仕方がないか。

安蘭さんはちゃんとベルナールになってました、パーシーから(笑)
しかし、いつでも完璧安蘭さんも、流石にまだまだ緊張気味。
長椅子に座り込んだ安蘭さん。

衣装、股んとこ裂けちゃってんじゃん!

んまぁ!
なんという

破 廉 恥 ★

なんかもう、恥ずかしくて、ガン見してしまった(恥を知れ)
ごめん、ごめんね、安蘭さん。
あまりにセクスィーだったものだから!
色々負けてしまったのです(ちぃーん)

そして、ベルナールはいつからマザコンだったんだ(笑)
ママンのこと、ロザリーに語るからかな(笑)
ベルナールは本当に若いんだろうなぁっていう熱さとか、まだまだ生意気な雰囲気とか、でも大人びた雰囲気とかが混在する感じが凄く出てました。
ロザリーに尻に引かれるだろうなっていうのは、納得がいく←

あ、あと、安蘭さんだからなのかどうなのか。
とりあえず凄くロザリーLOVEオーラが常に放出されておりました。
どんだけ好きやねん、とか思うくらい。
いいね、ベルナール非常に良い。

そのロザリー、
めたんこカワユス。
オスカルに呼ばれて「はぁーい♪」って、凄い嬉しそうに走っていくのが可愛くてたまりませんでした。
あと、自己紹介したあと、直ぐにベルナールの背中に隠れちゃうところとか。

ロザリー、ベルナールのところに嫁いだとき、何だか既にベルナール好きオーラが出てたので良かったです。
ロザリー妄想劇場楽しみではあったんですが、それほどオスカルに恋愛感情はなかったようです。
まあ、とよこだしね(ぇ)

そして後半は結婚して10年とか経っちゃってるんですよ。
奥さん似合いすぎて困ります。
最近、遠野あすかは必ず妻になっている(笑)
その立ち位置が自然で、ロザリーの初々しさも良かったけど、やっぱり奥さんとしての落ち着きが出る後半の方が似合ってる気がしました。

ラスト、さり気無く泣いちゃってる遠野あすか、更に可愛い。
頑張って拭ってたんですけど、やっぱり流れちゃうみたいで、うるうるの目が良い。

あ、今回はあの革命シーン。
ロベスピエールが歌うのかなぁって思ってたら、ベルナール先陣切った。
どんだけ美味しいんだよ、ベルナール。
そして、ロザリーも踊りにくいふわふわドレスのまま前半ダンシング。
一度安蘭さんたちははけましたけど、後半、またまた美味しいところで

再 降 臨 。

ばんじゃーい←
国歌と共に踊り狂い、そしてバスティーユに白旗立ったくらいでロザリーが猛ダッシュ。
手にしていたのはサーベル。

とよカル死んじゃったー===≡≡≡。゚┌(゚´Д`゚)┘゚。

さりげなく成り行きでじゃなく、ちゃんと死んだことがお知らせされました…
ジェロ編、笑顔で終わった革命なのに(うわ)

あ、そうそう。
目玉のしいちゃんの二役。
まずアンドレですが、ユリカーテン前で『愛の墓標』を歌う件。
熱くとよカルへの愛を語るんですけど、あまりにも情熱的すぎて私には
エロス台詞祭にしか聴こえませんでした(病気)
だって、髪の毛やら瞳やら、ついには唇からもれる吐息まで語るんだもん。
その上、体の奥から熱っぽいものが込み上げるっていうんだもん。

エロフィスすぐる(((( *ノノ)

お母さんには納得してもらえませんでした。
ボクの脳内が花畑なせいですか?←

そしていつの間にか、将軍になってるアランになります。
うん、というか、アンドレがイメチェンしただけだよね?
それがしぃちゃんクオリティだと信じています。
しかし、この人のアンドレは感情の吐露が激しいよ(笑)

さあ、目玉のとよカル!
どうだろ、どうだろ、ウキウキでした。
喋りました。



それは男じゃないか、とよカル。

声が普段と変わりません、素晴らしいクオリティ。
それがとよこです、涼紫央なのです。
ああ、いいとも。
とよこは声が低いわけじゃないので、それでも充分似合ってました。

しかしとよカル、見れば見るほど高飛車。
ロザリーを下げてベルナールと商談をするところがあるんですが、熱く語るベルナールを目の前に、
足を組みながら、トランプを切っているとよカル。
まだまだ切れてるベルナールをしり目に、『スペードのA、前途多難だな。』『ダイヤのA!商談成立だ!』カードを投げ捨てるとよカル。

国民の96%のことを見る気がしないよ!

根っからの貴族です、貴族だけが人間なのですオーラが凄いんだけど、私だけですか(げふげふ)
いっそ、そんな設定ならオスカルが好きです(何故)

そして、とよカルならではだと思うんですが、アンドレが止めるのも聞かずパリに出かけるシーン。
振り返ったとよカル、アンドレの手を包み込み、顔を寄せて「行ってくる」と言っちゃう。
ねえ、もうね、ここの声を聞いて欲しい。
エロヴォイスだから。
フェルゼンなんて見てないだろ、アンドレが一番好きだろ、御前(貴様)
ずっとお互いが片思いみたいになってしまえばいい(ひねくれ)

アンドレ大好きオーラが出まくってるとよカル、ラストシーンで紗幕越しにアンドレと並んで立ってるんです。
そこのね、とよカルの嬉しそうな顔っていったらもう!
蕩けるような顔してしいちゃんの横に並んでます。
どんだけ幸せやねん、って凝視してしまった。

その逆側の立ち位置ではいましたよ、フェルゼンとマリー・アントワネット。
夢乃聖夏は名札つけてくれないと、フェルゼンってわからねぇよ!!状態。
麻尋しゅんは…なんで、アントワネットとかしてるんですがね(笑)
綺麗とかよく解らず、厳しい顔をしている彼女をただぼんやりと見ていたら幕でした←

ああ、終わりかよ!みたいな驚きですね、後ろに目を奪われすぎました(笑)

あれですね、繰り返し歌うんですよ。
「愛のかたち」をですね。
そのたびに思うんだ、神谷くん。

・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ 


・ ・ ・ ・ ・ ・


同じ歌?..._φ(゚∀゚ )アヒャ
(二度目)

止むを得ないな←

一言だけジェローデルの名前出るんですが、よくよく話聴いてると面白い。
アランは暗殺失敗して、独りで射殺されます。
しかしジェローデルは暗殺の計画に参加してまして、二人で暗殺しております。
つまりはあれか、ジェロ様はのうのうと逃げやがったのか。
独りで死んでいったアランと、ずっと思い続けてくれた人の腕の中で死んでいったジェロ様。
さすが貴族だな、万歳!
ジェロ様、さりげなくまだ幸せでした、良かったね。

『ネオ・ダンディズムⅢ』

うわ、うわ。
パンパミーアに遠野あすか居るよ。
そうだよね、踊れるんだし、いたって良いよね。
でも二回あるリフト、一つは上げずに二人手を繋いで廻ってました。
お花畑だわぁ~♪

遠野あすか、踊る前はキリっとかっこいい顔してるんだけど、踊るとどんどんへたれていくのがめちゃくちゃ可愛いんですよね。
眉毛が垂れていく。
その横で滝汗FEVER安蘭さん。
…水、いりますか?

パンパミーアで汗だくになってから、何せキャリオカに明日へのエナジーなので汗噴出したままです。
その横で汗かかないのはとよこちゃんです。
明日へのエナジーでも汗かかないんだぜ、脅威だね。

とよこ、パンパミーアの衣装、胸元がですね。
ほぼ全開。
しかし何も見えない!ミラクル!!
もうほっとんど全部開いてるのに、胸どころか襦袢すら見えない!
どんな構造してるんだよ!!
鼻先がツンっとしました、キュン。

そしてドンキホーテのシーンでは、座ってる場所までは知らなかったのか、柚希礼音見つけて驚くとよこ。
そして嬉しそうに握手してもらおうと手を伸ばす柚希礼音の手を取ります。
そんでもって
力いっぱい引っ張った。
ぐぃーって、うきゃうきゃしてた(笑)
慌てる柚希礼音見て、あの子はうきゃうきゃしてた。
しかも本舞台戻ってから、その一角に向かって指差してから音立てるくらいの投げキッス。
ぶちゅって言ったよ、言ったんだよ!!
うわぁーっ、譲れ、その席譲れー!!( 落 ち 着 け )
心から羨ましかったんです、いいなぁ…

さて、これは何度も見たものなので、ちょっと短め。
何せ、 眠 た い ん だ 。←

なので、挨拶に行こうと思います。
これ、まさかの安蘭さんが直に挨拶です。
組長挨拶何処にいったんだよ(笑)

『本日はご観劇ありがとうございました、星組の安蘭けいです。…ここで拍手です(笑)
昨日全国ツアーの幕が開き、今日は梅田で、千秋楽です(泣いてみる)余りにも早くてビックリしています。ちょっと燃え尽きた感がありますが(笑)
明日から頑張っていこうと思いますが、今日はなんと、ベルサイユのばらの原作者池田理代子がいらっしゃっています(拍手)ありがとうござます、感想は後でゆっくりと(笑)
では此処で、全国ツアー恒例のご当地出身者を紹介したいと思います。此処は梅田、大阪でございます。大阪出身、大きくアピールしてください、どうぞ!』


ここでとよこ、はたはたとシャンシャン羽ばたかせてました。
てか、名前言ってくれないんだ!!
めっちゃショックでした…

『終わりました?もういいの?(笑)本当におめでとう御座いました。私も彦根で同じ思いを致します。
その日は多少挨拶が長くなっても許してください。この勢いで千秋楽まで走りたいと思います。
皆様どうぞ、梅田から明日は鳥取で御座います。それから島根九州といっぱい行きますので、皆様ついてきてください。
お待ちしております。本日はご観劇、ありがとうございました!』


スタンディングでお待ちしたラストカテコ。

『ありがとうございます!皆さんの温かい応援を胸に、12月…7日までですか?(笑)
あぁ、7日まで一ヶ月ありますが、頑張って参りたいと思います!本日はありがとうございました!』


いやぁ、ベルばらは大したことなかったですが、ネオダンが愉しかったので滋賀で見るのが楽しみです。
とよカルの高飛車は必見、皆様宜しく←
よし!寝ます!!


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/439-8b13868f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。