-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2008-12-27 02:23 | カテゴリ:宝塚
☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆祝観劇納め☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

でした。
今年は雪組の君愛から始まって、ちゃんと雪組の公演で終わる一年。
とっても雪組ファンらしく過ごすことが出来ました。
なかなか時間なくて更新が出来なかった分も多いんですが、とにかく雪組の舞台関連のレポは全部出来たんじゃないかなと思ってみたり。
年末、一年間の総集編みたいなのをあげたら、とりあえずそれで今年のヅカ関連記事は終わりなのかな。
来年一発目は、歌劇感想書けたらそれですけど、それがなかったら『太王四神記』で始まるかと思います。
実は、あれなんだな。
『忘れ雪』よりも先に観に行くんだな!
いや、まあ、ちょっと大空さんを観ようかと思いまして(げふげふ)
それに星組に投資するなら、ここでしか抑えられないしと思って。

水さんは新年早々、東京での公演があるんで忙しそうですが、遠くから星組に浮気しつつ応援しています←

さて、それでは今年最後の公演レポートを書きたいと思います。
昨日書こうと思ったんですけど、真音くん思い出したら泣いてしまいまして。
もう全くもって、書ける状態にありませんでした。
一晩経って落ち着いたので、頑張って書こうかと。
もう、家にかつき姐さんの退団挨拶状届いちゃって、がっつり凹んでる。
こう、トップの人の退団はしっかり輝いたしなぁって思うんだけど、こういう微妙な学年の退団は堪えるなぁ…



にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

クリスマス。
まさかの、前の方の席二つが空席。



ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!


初日と全く同じ席が空席ってどない!!
なんですか、誰かキープしてるんですか、その席。
満席にしたれよ、と心から思った神谷くんです。

あー、お腹減ってきた←

アドリブがそんなに入れられる舞台ではないので、そんな特別変わったことはないんですけど、下級生が積極的に頑張ってた気がしますね。
あ、昨日盛大にミスってたのでどうなるかなぁーっというドキドキで見てたら案の定。

『お久しぶりです、ほふふぉ、ホフラコーアの奥様。』

あーあ。
その前に、小緒月と組んでるところで(あの奥様が登場する前のところ)
小緒月が髪の毛ぐっしゃぐしゃにしたとき
『ラキーチン止めて、恥ずかしいじゃないか!髪の毛凄いことになってるよ…
という、素敵なアドリブを入れたなら笑いがおきまして。
きっと、それ故の動揺の結果だと思う!
そんな沙央くらまが、やはり結構大好きです。

水さんは千秋楽ということもあって、とってもノリノリ。
もともと、今回の歌は声が出易そうで楽しそうにやってはったんですけども、
『神に背いた衝動~♪』とか、びっくりするくらい声出てますからね。
大好きです、そんな素直な水さんが。

んで、この寺院のシーン。
水さんは、二人の影に入りながら

『ドミトリーさん…』
『あ、どうも。』
『アリョーシャ、呼びましょうか?』
『いやいや、お構いなく。』

的な雰囲気で隠れてました。
この日は、人が移動するのにあわせて、自分も移動してるような感じじゃないかな。
物凄い楽しそうな顔してるから、このときのドミートリーすっごい可愛い。

で、そのテンションのままに走っていくので、一幕ラストの自分の手を見詰めながら天を仰ぐところ。
『違う…!ああっ!』
というような、素敵な喘ぎ声苦悶の声を上げていらっしゃいました。
24日あたりから悶えていらっしゃったんですけど、やっぱり楽はパワーアップしていましたね(笑)

二幕、ここはゆまちゃんのターン。

ゆ『ジングルベール♪』
皆『ジングルベ~ル♪鈴が~鳴る~♪』
ゆ『ああ、こんなに楽しい時間もあと少しかぁ。』
笙『まだまだ一日は長いですわ!』
愛『そうですわ!盛り上がりましょう!!』
皆『おー!』

という、非常に楽しそうでした。
カワユス、カワユス。

二幕から漸くしっかりと出番になる、真音くん!
警察に連れて行ってと、無銭飲食で起こられちゃってる真音くん。
座っているところから立ち上がるんですけど、今日もいい感じに
太腿強打されておりました。
でも、昨日は勢いよくぶつかりすぎて、テーブルの上のものを全部引っ繰り返してたので、それに比べると大人しかったかもしれない(笑)

続く、ミーチャへ挨拶しに行くところ。
普段全然噛まなかったのに、「そ、それでは私は裁判に向けての、もろ、諸々の資料を…!」

何故今日なんだ!!?

お陰で、いい感じに笑いが出てたので良かったかと思います。
常にナチュラルに面白いから、ミスなのか狙ったのか解らないというミラクル。

真音くんは最後の流刑者のメンバーでもあるんですけど、組んでる娘役さんが号泣でして。
それ見てたら自分も泣きそうになったので、無精ひげガン見に変えました。
嗚呼、もうなんていい男なんだ…!!
むっさいにも関わらず、心癒された瞬間です。
もうそんだけ楽しそうな雰囲気あふれ出してるなら、もう僕泣かない…ッ!

ショーナンバーになりましたら、もう更に水さんはハイテンションなわけで。
そんな私は、真音くんと桜寿ひらりが胸にお花つけてるのを見て涙腺と格闘しておりました。

その度水さんで癒されるというのを繰り返してみる、このヘタレ具合。
あ、彩吹さん自分のソロが終わったあと、はける瞬間に
『メリー・クリスマス!』って言いながら走り抜けていきました。
きゃいきゃい喜んだら、真音くんが出てくるんだもの、涙腺←

フィナーレは、退団者に対して凄く温かな拍手でした。
本当に盛大で、ちょっと照れて笑う二人が可愛くて仕方がない。

では最後の挨拶です。
最初は未来さんが挨拶したんですけど、そこまで覚えたら脳みそ割れそうで←
水さんだけの報告です。

●一回目

『皆様、本日はドラマシティ公演の千秋楽をご観劇下さいまして、まことに有難う御座いました。ドストエフゥ、(笑)ドストエフスキー原作、カラマーゾフの兄弟。
この作品に出演することがなかったら、恐らく一生読むことがなかっただろう小説で、その世界を体感することが出来たことは、私の人生に於きまして、沢山の影響を与えたことだろうと、これからの毎日が楽しみであります。
まだ来年の公演もありますので、えー続きますけれども。とりあえず、2008年の中締めとしまして(笑)今日皆、精一杯、緊張しながらも、想いをこめて公演して参りました。
2009年、幕開けからの公演のカラマーゾフは、更に過激に、ドラマチックに、そしてある意味で繊細に演じて参りたいと思います。
今年一年、本当に有難う御座いました!』

(思いの外なかなか締まらない幕を見上げつつ)

●二回目

『ちょっと締りが悪かったですね(笑)折角ですので、退団者の二人に一言ずつ。
はい、でもマイクを持っておりませんので(笑)ゆりんちゃん、こうぐっとぐっと!(マイク引っ張り出すように指示)』

『はい…』
『はい、あんどぅです。』
『はい、桜寿ひらりです。』
『どうですか、大阪での舞台は今日が最後になりますね。』
『実感がないのですが、今日の日を迎えるにあたって色々焦ったりしたのですが、一区切り舞台を終えることが出来たので、東京に向けてまた頑張って、1月14日まで宜しくお願いします。
大阪で舞台を観て下さった方々、支えてくださった上級生の方々、有難う御座いました。』

(拍手)
『彼女はもう、私を凄く責める役でございましたけれども。日に日に迫力が増して、お稽古場から凄く良くなって。よくぞ、私を裁いてくれました(笑)
東京でも一段と迫力を増して、宜しくお願いします!』

『宜しくお願いします(笑)』
『さあ、次は衣咲真音さんです。また、(マイク無いので)ぐぃーーっと(笑)』
『衣咲真音です。感謝と感激と、感動…他に言葉が思い浮かびません。今日のこの景色を一生忘れません。本当に有難う御座いました。』
(拍手)
『こちらの彼女は私を弁護する側で。なんか、いつでもハートのあるお芝居をしてくれて、もう凄く励まされました。ありがとうございます。
ふふ(笑)えーっと!(ずび)えへへ(泣き笑い)そうですね、泣いてる子もいますけれども。
本当に今回の公演、この時期にこの作品に出会い、スタッフの方々、生徒も含めて、このメンバーでこの作品に出会えたことが凄く有り難いなと、凄く感謝の気持ちでいっぱいですし、この公演を初日からこんな大勢のお客様にこんなに熱い拍手を頂けた事も、本当に感謝の一言に尽きます。
2008年の締めくくりをこんなに沢山の感謝の思いで迎えることが出来ましたことを、またまた感謝でございます!(笑)
来年も、2009年、雪組はますます成長いたしますので、どうぞ宜しくお願いします!本日は本当にありがとうございました!』

(横からクリスマスカラーのテープがバァー!客席に投げる水さん。)

●三回目

(テープをいっぱい首にかけて)
『ずばり!なんだ、クリスマスカラーですね!すっごい、クリスマスですね、今日!ありがとうございます、本当。あのー、("青春の終わりが流れる")あ、そうだ!(笑)』
(子ミーチャが抱きつき、退団者抱き締め、パパもグルーシェニカも一緒に抱き締める)

●四回目

『いやもう本当にありがとうございます。いやもう、本当にもう(涙声)今年はお正月公演からやらせて頂き、皆色んな役に出会いそのたびに、役とぶつかり合い、仲間とぶつかり合い、色んな想いをして参りましたけども。
なんか年末に公演させて頂いて、最後の締めくくりをさせて頂けることも凄く有り難いと思うし、こんなに盛大な拍手を頂ける…なんですか、なんか、頑張った…(照れた上に困る)言葉に、出来ないなぁみたいな、感じなんですけれども(笑)
目に見えない思いを伝えたい、という気持ちが伝わったのかなぁと思うと、本当にもうこれがあるから舞台っていいなぁ!みたいな(笑)
本当に舞台の空間っていうのは独特で、この場にいる皆さんと私たちと、このメンバーが一人も欠ける事無く出会うことは二度と無くて、だからこそとてもかけがえの無い時間と思うことが出来る、そしてこの二人も楽しく演じてくれて、同じ空間にいれて本当良かったなと。
んあー、凄くしんみりしちゃいましたけど!最後に、来年の抱負を(笑)述べさせていただきます(笑)この作品を通して感じたことなんですけれども、
人間の存在自体が罪であるならば、生きている限り、生かされている限り、何事にも誠実に、真摯に向き合い、奢らず怒らず、そして怠らずの三つのOで!頑張っていこうと思います!
(後ろ向いて)覚えといてね、三つのOね(笑)本当に一年間、有難う御座いました。来年も宝塚歌劇を宜しくお願いします!良いお年を!有難う御座いました!!』


●五回目

(水さんを挟んで退団者の三人っきりで。)
『ありがとうございます。はい、じゃあ…(桜寿の方を見て)今回の公演如何でしたか?』
今回の公演は…
『あ、ちょっと待ってマイクないんだ。じゃあ、ここね(自分の顔横マイク指差して)』
『えっと』
『あ、じゃあ後ろ向いちゃお。(マイクが口許になるように)』
『この公演がこのメンバーで出来たことがとても良かったです。東京も頑張ります。』
『あの、私初めて雪組に来たときに赤十字のイベントがあったんですけど、そのときに一緒に出演してくださった下級生なんですけど、
(ふと横向いて)…ごめんねナツ、一人にして。もうそのときから凄く成長した!東京もがっつりがっつり、私を苛めて下さい(笑)』

『三つのOで(笑』
『あはは、三つのOでね(笑)宜しくお願いします!』
(方向転換する夏希さん。横で号泣してる真音くん。)
『……無理?』
『(ずっとムリ、ムリって首振ってる真音くん)』
『シャイボーイなんです(笑)…皆応援してるよ?(袖見ながら)』
『(客席からの拍手に更に決壊。)』
『ずっとね、ムリ、ムリって言ってる(笑)凄く私着替えてるときに舞台袖で見てると、励ましてくれたり。
もう、下級生の人気者で。だけど、ちょっと今はムリみたい(笑)ね、東京も。』

頑張ります。
『ね、よろしくね。』
(そして袖に向かって皆を呼び寄せる。なぜかとなみちゃんが物凄い勢いで水さんに向かってくる。)
『何?(笑)グルーシェニカが飛んできました(笑)なんか、ご対面みたいな感じでしたけれど(笑)
本当に一年間、色んな…って下がらなくて良いのよ。(後ずさりする二人を腕の中でキープ)皆様のお陰で公演が舞地に充実した時間を感じることが出来て、本当にありがとうございます。
いやぁ…私語ることはもうありませんので。(彩吹さんガン見)』

『!!え、っとはい。水さん始め皆さん同じ想いだと思います。先ほど水さんとお話していたんですけど、私本人も皆もそれぞれの役に出会えて、とてもラッキーだったと思います!
なので、この作品を見て頂いた皆様も、とてもラッキーだと思います!以上!!』

『あはは(笑いつつ、次にとなみちゃんガン見)はい、次グルーシェニカ。』
『はい(笑)カラマーゾフの兄弟、この作品に出れて本当に幸せでした。そして雪組最高です!そして水さん最高ー!
『ありがとうございます(笑)もう今日いらして下さった方は、今年の雪組公演を追っかけて、あちこち観に来て下さった方も沢山いると思うんですけれども。
来年も是非とも、まぁ雪組中心に追っかけてもらえればと思うんですけれども(笑)何卒、95周年の宝塚歌劇を宜しくお願いします!
本日は本当に有難う御座いました!!』



色々、となみちゃんの掛け声とか、水さんの挨拶とか、発表の後だと思うことがありますよね。
五回のカーテンコールなんてなかなかないもんで、皆この作品への情熱が凄いんだなって思いました。
退団者に対する水さんは本当に優しくて、やっと雪組の皆と交流できたんだろうなって安心。
勿論、となみちゃんの退団は寂しいですけど、水さんも退団するときに、沢山の愛を組子から貰えますように。

カラマーゾフ、本当に素敵な公演でした。
あとは、東京組にバトンタッチ!!

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/460-cbd5912b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。