-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2010-07-17 23:47 | カテゴリ:宝塚
客席が何とも言えない緊張感に包まれてました。
そんな中で私は若干、若干だけれども眠たかった。
公演中、一瞬意識がないところがないでもない←

2階席に居たんじゃないかな、96期と本科生。
えらく席でグダグダしてるなーって思ったけど、髪の色からして本科生。
そんな本科生、新公の出のときですね。
隊列を組んでるのは良いんですけど、がっつりごっつり

水さんと水会のど真ん中

を横断しちゃって。
水さんは車に乗ろうとしてて、ファンは広場、この間をね歩いちゃったのよ。
結果、水会からのブーイングが聴こえたけど、本科生めげないで歩いてたww
流石大物、素晴らしいな!

水さんは精一杯腕を伸ばして、手を振ってましたし、最後はちらっとファンも見れたんじゃないかな。
まあ、ギャラリーにいた私はガン見しておりましたけど←
出、トップ会なんてその最後のお手振りとかが楽しみで行ってるのに、邪魔されたらもう腹立つよね。
可哀想でした、色々。

出、驚いたといえば人数ですよ。
え、ねえ、しずる君とこが一番多くない?
という。
あれ、咲奈ちゃんとこってそれくらい?というよりは、しずる君多ッ!みたいな心境。
90期好きの私から致しますと、非常に嬉しいことなんだけどね。
しずる君に新公主演して欲しかったなぁ…水さんの似合うと思うのに。

出は途中で帰ったので、全部は知りませんがあずりんところもいっぱい居たし良かったねーって思った。
あずりんはかっこいいよね、声が低くて好きだ。

そんな感じで、さあレポ行きますか。
眠たいけどね。


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

どうしようかな。
真ん中を見ずに後ろ見てたので、初めて周りのダンスを知った。
あー、そんなダンスあったんだ、スーツで。
あー、そんなことしてるの、後ろ。
みたいな発見をそこら中でしてました。
そういうものだよね☆

んじゃあ…主役級から目立った系へと流れて行こうか。

●ロジェ/彩風咲奈(本役:水夏希)

水さんをよくコピーしたねー!
ってくらい、仕草、物の言い方そっくりでした。
まだスーツって難しいんですね、もっさりするんですよ、痩せたのに。
あと、力を抜いて男らしく立つという、水さんがよくやってる立ち姿。
これがどうやっても無理だったのか、結果は仁王立ちになってましたが、でも頑張って男役をやってました。

男役すら出来ない子って沢山いると思うんですが、咲奈ちゃんは少なくとも努力をしてました。
水さんが18年間の集大成と思っての役、まだまだ下級生の咲奈ちゃんには難しかったと思う。
でも本当によく頑張ってたと思います。
歌は、水さんの中日辺りの歌唱力を既にかましてました。
残念だったね☆←

うん、でも普段アレだけ近くで水さん見てるだけあって、頑張ってたと思います。
でも、なぜプロローグは水さんと同じスーツ着させえてもらえなかったんだろう?
他は全部水さんの着てたんですが、一着だけ違うと思うんだけど気のせい?
プロローグの何故かテラテラしているスーツ、多分違うと思うんだけど自信はそこまでない。

うん、そんなもん。
真ん中あんまり見てないんで分かりません←

●レア/夢華あみ(本役:愛原実花)

トレンチコートが皺だらけなのはなぜだ…?
思いのほか、足が細かった。
歌は、初めてメロディーを理解した。

最後に
そんな風に酒を飲むのは男役だ。
ってことかな。
テーブルにひじ付いたまま飲むのは、あまりに品がないぜ☆
みな子は自分が大きいって分かってるから小さくしようとしてるの分かるけど、何故この人堂々としているんだろう(笑)

以上。
見てないから、よく分かりません。
しかし老けてるな。

●リオン/しずる君(本役:音月さん)

いやぁ、流石長の期!
しずる君が上手いのは知ってたけど、スーツの着こなしレベルが違うっていうのは今回の公演は大きい。
しずる君は立ち姿が凄い綺麗でした。

役は、今更難しいとは言わせないぜ☆みたいなキャラだし、難なくこなしてました。
でも、台詞回しも歌い方も音月さんソックリでびっくりだったんですが
よくよく考えたら、しずる君、音月さんの役それなりに多かったんだよね。
みんなが背伸びして頑張ってる中で、安定力抜群って印象。

あ、そうそう。
手錠はめるとこが上手くいかなくて、若干ロジェがあわあわだったんですが
しずる君がなんとなくの台詞とかで間を埋めているの見たら、嗚呼お兄さんなんだなーって実感してました。
そうやってみんな大きくなっていくんだね!!

でもやっぱり、しずる君のダンスがほとんど見れないのが残念。
と言いつつも、銀橋ソロ歌も実に安定してて素敵でした。

●シュミット/凛城きら(本役:づっくん)

恰幅にいささかの不満も無いぜ☆←
いや、でもだからっておっきくなり過ぎだ…!!
凛きらは入りのときに何回か見ましたが、ジーパン履いててお尻がぷりんぷりんするジェンヌはなかなか居ないぜ!!
一回、痩せたんじゃないのかよーっ。
シュミットは良く頑張ってました、未来さんの役やったり色々やってて、渋路線を突っ走っている感がモリモリしますけど。
でも、衣装がはちきれそうだよ、凛きら。
黒燕尾とかでもいい位置で踊ってるんだし、せっかくのいい役で、髭がありつつも男らしく出来るのに、あんまりにリアルすぎる。
お肉…お肉が!

どうにか痩せて、凛きら!

そしたら、もっともっとシュミットは美味しい役です。
宝塚は見た目だってあるんだよ、新劇やってるんじゃないんだよ、夢の世界なんだよ。
とまあ、見た目はそんな感じですが、お芝居は落ち着いてて群を抜いて上手かった。
そんな職人方向でいいのか分からないけど、間が難しい芝居でよく下級生なのに頑張ったと思います。

●クラウス/翔くん(本役:チギちゃん)

いやぁ、チギちゃんは細いんだなー
雪組感想、そんなんばっかりか!(ずびし

翔くんは顔に対して、付いてる身体が不思議に太めなんだよね。
最近痩せたけど、お尻の肉はなかなか落ちないもんだ。
チギちゃんがぺったんこのお尻向けて倒れてるんですが、翔くんはいいケツしてたぜ☆←←

にしても、この役はチギちゃんくらい粘らないと印象に残らない役だったのかと認識。
よく、あの出番で存在感出してるね、チギちゃん。
その他にギリギリならない感じの役って感じになってたので、翔くんはもっと厚かましくなって良いと思うんだ。
さらっとやってしまったのは残念ですが、でもまあヴィジュアルは悪くないよね。
いや、好みの顔ではないけども。

そして、もう一個発見をした。
暗殺するのは非常に難しいということを。
いや、チギちゃんは奏乃さんをちくりと刺してる感じですよね?
がね、翔くん頑張った結果。

(つ・∀・):・'.::・Σ====Σ≡つ)゚Д゚):∵

大丈夫かーっまなはるー!
腕は折れてないか、まなはるーっっ!
吹っ飛んだぞ、まなはぁぁあある!!


って感じでした。
おかげで、ゲルハルトは死ぬ瞬間大変に仰け反っておられた。
なんという漲ってる感じ、若さだね。
東京では、さり気なく暗殺出来ることを祈ってます。
じゃないと、一瞬にして不審者でつかまる←

●マキシム/透真かずき(本役:コマちゃん)

コマちゃんの役は、緊張感が続く中で不意にお休みなれる重要なポイントを担う役。
これ、すっごい難しいと思うんですよ、コマちゃんは簡単にやってますけど。
これを上手くやっちゃうから、コマちゃんは路線が危ないんだと思うこともないわけではないが←

なので、最初はなかなか波に乗らなくて苦労している雰囲気があったんだけど、途中からやっと乗ってきた感じ。
よく、この難しい役にぶつかったなってところが一番の感動ポイント。
でもね、惜しいな。
いいところは持って行かれたんだよ、誰にってこの下に書く人に。

●バシュレ/帆風成海(本役:美沙のえる)

よくやりきったね…!!
一番感動、この新公で一番感動。
これは二番手且つ、ヒロインの役ですけれども←
最初はリーシャと同じくなかなか難しかったみたいですが、真ん中くらいからどんどんテンポが良くなってきましたね。
特に、あの笑いをみんなが期待するところ。
のえるさんが、若者の笑い声を真似るところですね。

娘『あはははー。』
『あひゃひゃひゃひゃ(゜∀゜*)』

やりきったな…!(つД`゜)゜。・

この感動は素晴らしいよ、とても良いバシュレでした。
若いながらに、締めるところはぐっと出来てたし、息抜きとしっかりするシーンの区別もはっきりしてて良かったと思います。
君まで、そんなまっしぐらに脇路線に行かなくても良いのに。

●ヤコブ/あずりん(本役:彩那音)

あずりんは、それよりもプロローグで前の方で踊ってたものだからテンション上がった。
幕開きこそがクライマックスな勢いで見てたせいで、全く真ん中見ないうちに女の子たちがワラワラ出てきたぜ☆

ヤコブは、前回ののえるさんの役と比べたら随分と楽そうに見えました。
にしても、あずりんのリーゼントはちょっと古さを感じるのは何故だろう。
あれかな…かっちりしすぎてるのかな、分からないけど。

本役でも好きなんですが、クラウス捕まえた直後の『大人しくしろ。』にキュン。
あの、低さがたまらないですよね。

せっかくなので、お茶会であずりんなりのヤコブの役設定とかが聞けたらいいなって思います。
にしても、あずりんの目はいつでも優しくて大好きだ。
一回くらい、歌聴いてみたかった気もします。
お茶会、踊って歌ってくれないものだろうか←

特筆するのはここまでくらいかな。
娘役陣は、あゆっちがいいヒロインしてました。
あ、あんなところにヒロインが混じっている…!←
めちゃくちゃ可愛かったのと、後は芝居台詞がとてもよかったです。
本公演、あゆっちの役のときは耳にキンキン来て苦手だったんですが、こっちの役の方が良い。
だから、相手役で良いだろって思うんだけどね。
反して、ちょっと断念だったのは美海ちゃんかな。
あの役が合ってなかった、やっぱりあれはお姉さま方がするべき役だった。
というか、美海ちゃんは正塚芝居は合わないんじゃないかって思うんだ、滑舌的な意味で。
衣装がブカブカなのも可哀想でしたが、ちょっとあの役はだいぶ背伸びしないといけなかったので大変そう。本公演での役の方が、ノビノビしてる印象でした。
髪の毛、暴れてたな←
じゃあ、これ行くと天舞音さらちゃんなんだけど、声は良いはずなのに声を張り上げると
何故、声が割れるんだぁぁああっ
ってショック受けてました。
割れるくらいなら、キンキンの方が良い。
アニメ声だけど、案外ハスキーヴォイスなんですかね。
透水さらさちゃんは一人、安定をしていましたね。
美穂さんポジの似合うことこの上ない。
しっとり大人の雰囲気、まだ下級生なのに恐ろしいわ!
淑やかな雰囲気を出せるのって、娘役として凄く重要なことだと思うので、素敵な魅力だと思います。

そんなもんかな、目立った娘役は。
あ、前から行ってた沙月愛奈ポジは笙乃さん雛月乙葉で分け合う感じ。
しずる君といきなり踊るところ大好きなんですが、ここは雛月乙葉でした。
神谷くんは猛烈に嬉しい。
顔からは想像し難い、案外たくましい体が大好きです←

そして、そんなに同期集まっちゃってと思ったのは倉庫での場面。
リオン(しずる君)とカウフマン(朝風れい)とヤコブ(あずりん)という90期祭りが開催されました。
そんな、朝風れい。
目のイっちゃってる感じ、相変わらず大好きです。
でも、本当に上級生なんですね、声が男役になってきてるんですよ。
青酸カリを噛み潰すとき、結構かっこよかったです、色気的なものを感じたぜ!
朝風れいも、最近はあんまり歌ってるのを見ないので寂しいです。
もっとあの美声を使ってくれ、良い美声だから、マジで。
ちょっと、目がイっちゃてるだけだから←
あと、喋ったらまさかのアニメヴォイス、煌羽レオは腰抜かした(笑)
え、あれ?そんな声だったけ、レオ君。
もうちょっと声低い気がしてたんですが、めちゃくちゃ可愛い少年声でした。
レオ君、それは不意打ち過ぎてお姉さんびっくりだ。
そんなアニメレオ君。

彩「なんだ、なんかトラウマか?」
透「∑虎!?虎なんて食うのかなー!」
煌「…馬だよ。」


∑いや、違ぇよ!!

って思わず言いたくなる、可愛いやりとりがたまらない。
レオ君はアニメヴォイス、覚えておこう。

そうだな、あとダンサーとして千瀬聖くんがすっごい頑張ってました。
嗚呼、そんなに踊れないのに頑張ってる…!!
ほわわぁ~んとした男役さんで、大丈夫かなーって思ってみてるんですが精一杯頑張ってた。
でも、プロローグ踊っている立ち位置は本公演ではあずりんだ。
ちょっと、鼻がつーんとしたことはないよ←
大澄れいも、タンゴめちゃくちゃ頑張ってました!
でも、真波そらポジに入るのは間違っている。

そんな感じだろうか。
いや、まあ悪くなかった。
ちょっと寝た気がするけども、モニークの記憶があんまりないから←
でもまあ、良かったんじゃないだろうか。
マリポサのような絶望感はなかったです。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/569-be8ea609
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。