-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2010-09-28 16:44 | カテゴリ:宝塚
みな子のを上げてから、早…まあ数日←
やっと大本命水さんのお時間です。
そしたらまぁ、

宙組編
雪組二番手編
雪組集大成編


という、どでかい三部構成になったという残念具合。
長い、一個ずつが長すぎる。


思い出すのに時間掛かったり、断片的なものも多かったですが面白かったです。
しかし、疲れた。


あと、拍手コメで色々心配して下さる声を頂いていますが
簡単に言うと大丈夫です。
心配されているような何か、というのは何もありませんので、現状維持な雰囲気でよろしくお願いします。
でも、情報も心配もありがとうございました、皆さん本当にお優しい。
もし、今後うーわーみたいなことがあったら!
そのときは考えようと思いますので、皆さんは自由に走り回って転がりまわって、そして飛び回って下さいませ(アクティブ)

そんな感じで、水さんいってみよー。


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

『初恋』

何回も書いてるけど、私の初観劇は宙組公演の『傭兵ピエールの恋人』『満天星大総会』だった。
そして、これも何度も書いてるけど、一人ちょっと遅れて出てきた水さんがあまりにもかっこよくて惚れたわけですよ。
ちっさいんだなって第一印象だったけど。
だってほら、和央さんも周りも皆おっきいもんだから、水さんは小柄なんだって思ったわけで。
いや、極小とかは思わなかったけども←

とにかく、星辰童話は大好きすぎる。
今でも大好きです、また見たかったけど女になった水さんでは観たくはない←

でも一回しか観てないんだよなぁ、生で。
もう一回くらい観たかった、今更だけども。

とにかく全てのヴァージンでs((

『里見八犬伝』

いやぁ…正直、二番手にそんなに人気があるとは全く思ってなかったので気を抜いてたらチケットが取れなかった(笑)
うわー、これはなかなか人気ある人なんじゃないのか!って気付いた日。
トップだけが人気だと思ったんだよ、本当。
あの時代は人気絶頂だったからなぁ、宙組。

そして、ビデオ。そう、VHS!
喜び勇んで見るじゃない?その結果

(゜Д゜;;)ポカーン…

何と正直な私。
いや、主にあの時代は歌がスリリングなスパークなジンジャーな感じだったじゃない?(ヤメ
でもかっこ良かった、でもちょっと女の子だった。
未だにあの頃のDVDを見ると、ゾワァアアッてします。
そのドキドキ感が堪らないですけどね。
というか、岩場でのエロシーンに中学生だか高校生だか微妙な年齢だった私は、鼻の下が自重してくれなかった。

そして…ママとお兄ちゃんのキワ者具合はめっちゃいい。
あれが一番記憶に残った、最早焼きついた。
ママ、美しすぎていかんよね!
お兄ちゃん、弟にちょっと身長を分けて下さい。←

いやぁ、でもかっこよかった、ヨ。
真横を駆け抜けていく水さんを観たかった、それはやっぱり純粋だったからね!
今では、客席を走り回る水夏希なんて当たり前だからな!(違
なんという、革命児、水夏希。

『白昼の稲妻/テンプテーション』

おヒゲ嫌ぁぁあっ(´Д`゜)・゜。
ってなった。
かなりの大ショックだった。
まだまだ水さんの魅力に気付いていなかったね、損をしてしまった。
本編どうでも良かったんだけど、劇中劇が本番だった。
あの水さん、およびイヤーゴのかっこ良さと言ったら最強ですよ。
未だにオセローの場面が、白昼の稲妻の中で一番良かったと思ってる。
そして、お花さまの衣装がめっちゃ可愛かった。

テンプテーションは、パーフェクッマンだよね←
どれだけ、ギリシャ彫刻のように美しい人の歌声に癒されたか解らない。
テンプテーションもちゃんとは覚えてないなぁ…
白のロングコートでの大階段使ってのダンスがめちゃくちゃステキだった、気がする。
あれ、なんでこんなにこの公演の記憶がないんだろう?
多分、基本的に芝居の記憶が脳内めいっぱいなんだろうね(笑)

あれ、本当にショーの記憶ないの何でだろう。
ポスターが異常にナチュラルメイクだった上に、変なターバン巻いてたから、あれは君愛に次ぐ黒歴史だと思ってる。
あれは…素顔が派手な人しかしちゃいかん、そう思うよ、ええ!
まあ、皆地味な感じではあったけどね、あのポスター!
もや、もやってる!!←
そんな感じだったよ、もやっとしたお写真だった。
でも、加工的には堕天使の涙の加工と同じだと思うんだよ(笑)

あ!
思い出したよ、思い出した!!
『あ~ン、このぉ~禁断の木の実を捥ぎぃ~取ればぁ~あ♪』
あれだな、テンプテーションといえばこれだな!
あの、無駄にエロい腰つきしてた、出オチの蛇だな!
そうか、あれのイメージしかないのか(笑)
あの時は、水さんはまだまったりした体つきだった←
いや、パンツが太かっただけだけどもね。

『初遠征』

あれですよ、あれ。
2番手を過労死させようキャンペーン☆
してたじゃない、90周年。
中日に特出って言われたから、ホイホイついて行っちまったぜ!
なんだっけ、あの…ムジャヒドみたいなヤツ(誰
水さんのコメディがゾクゾクしたけど、でも真面目ゆえに三枚目なのがめっちゃ似合ってた!
元軍人な雰囲気似合いすぎてもう。
なんていうか、これ見て初めて夏希さん可愛いじゃないの!って思った。
同期にいじられる水さん、めっちゃ良い。
そして、このときグラフに載ってた、ビィ~~ッグ☆ナディアちゃんも良かった。
あ、この人、こういう人かっていう発見をしてた。
いやぁー、可愛かったな!!

あと、ショー。
このとき袖まくってる中詰めだったんですが、このときの腕。
これがねぇ…
一番痛々しかった。
ゲソゲソに腕が痩せててねぇー…
あれを見たら、トップなってからの痩せ方とかはそこまで心配しなかった。
徐々に体重落ちた感じと、一気に落ちたのでは違ったからね。
いやぁ、あんなに働かせたら行かんよ。
そしてこのとき、セピアなシーンのダンスがめっちゃ好きだった。
全体の流れがね、すっごいシックで好き。
まーちゃんの、周りと殆ど変わらない衣装なんだけど、明らかにダンスのオーラが違うっていうのも良かった。
でも、水さんで印象的なシーンって言ったらやっぱり

コム水デュエダン

ということになるよね。
舞台写真も買った、初めて二人写りを買ったはずだ。
なんか、二人でダンスバトルみたくなってたけど、それが良かった。
セリ下がりにおいては、軽く犯罪って思いながら、双眼鏡でガン見してた。
殆ど回数行けなかったから、一回一回が重要だったんだよ、本当。

『アオセトナ』

スサノオとかじゃなく、グローリーでもなく。
特出でもなく、アオセトナ。
一体いつになったら出てくるんだろう、と思って見てたら
ど真ん中30分の出番
という、なんという圧縮出番。
緑ちゃんもそんなもんだったけど、どんな扱いだよ!って思った。
けど、これ以上にインパクト与える役もなかった。
もうね、セリ上がってくる。
振り向く。

きゃぁぁぁあああ~~!

ってなった、何あれかっこいい。
二回目の欲しいものを言ってご覧、で膝つくシーン。

きゃぁぁぁあああ~~!(二回目)

あれが一番好き、あれの写真とかあったのかな…
もう、エンドレスリピートの勢いで大好きですよ、ええ勿論。
トートの銀橋横座りに並ぶ…いや、今でも抜くことのない最高の地位にあるよ、あのポーズ!(ポーズかい

そして、朝海さんがちょこっと腰を浮かせてくれる瞬間に剣を抜き取るというエロさが異常。
あれは水さんを見なかった、朝海さんも見なかった。
朝海さんの僅かに浮いた腰を見ていた。
エロい、エロいわぁー。
そして、『御前の連れは私の慰み者だぁー!』ていう絶叫がね。
…あ。
あ、気付いてしまった、めっちゃ気付いてしまった。
アオセトナは厨二病だったのか。
…うふ、可愛い←

ショーは…なんだ、あれか。
今もファンの中では人気を誇るあのパーフェクトガイ☆ですか。
客席いじりを頑張る水さんに、手に汗を握った記憶がある。
あんなにぎこちなかったのに、トップになったらあんなにお客さんと触れ合えるようになって…
男役10年、そこから更に成長するもんだね。

でも、ショーの記憶はそんなもんなんだ!!←←

あ、あれ!血と汗とうんぬん!
髪の毛くっしゃくしゃにして出てくる水さんが、非常にカワユスというダンスシーン。
汗だくになってたけど、このダンスシーンは大好きだった。
あのときの水さんだから踊れた、パワフルなダンスだったんじゃないかなぁ。

あとは、何とも言えないけどダンスはめっちゃ頑張ってたあのシーンね。
うん、頑張ってた。
そして、膝が痛々しかった。
笑顔も痛々しかった、でも好きなショーではある。

『心の恋人、一花イネス』

ベニート×イネスのカップルは私の中でベストカップルだ。

かなみんでも
となみちゃんでも
みな子でもなく

一花ちゃんのイネスが最高だった。

別に相手役になってほしいとかそういうのじゃなくて、あのベニートにあのイネスという組み合わせが最高。
タンゴ踊ってるときの身長差とか、見つめ合い具合とか鼻血ものだった。
尻に引かれてるのも可愛かったし、タンゴはかっこ良かったし。
いやぁー、ニヤニヤだったね。

ショーは、これもかなり大好き。
なんたってナルキッソスの似合い具合ですよ。
あれは完璧、そして最高。
ダンスレベルの上がった今の水さんで見たいくらい大好きです。
あと、勿論ヘクトルも良かった。
これに至っては、みな子にあげた、舞台写真(笑)
舞台写真、もうね、これはスタッフの本気をみた!!
めっちゃ綺麗な正面の写真なんですが、これは最高。
パウチして持って歩くべきか、私。

タキシードも良いし、プロローグの掴みも良かったし…
このショーは大好きだったなぁ、キュンキュンしまくった。
やっぱり大介の新作ショー、水さんで一回観たかったなぁ。

あ、芝居の話殆どしてない(笑)
そんなもんだ、うん。

『組替え発表』

雪組行ったら、水さん大きいから目立つねー。
って、非常に無神経ながらにごっつい本音を言ってたら、本当に組替え決定のお知らせ。
貴城さんいるのに?って思って、水さんトップないのかなって思ったのはここ。
凹んだなぁ…水さんも組替えは気が進まないって言ったもんだから、ずぅうんとしてた。

一瞬、一瞬だけど、トップ街道を疑うよね!!

一体どうなんのかなぁーって、程ほどに心配だった。
でも、ダンスいっぱい踊れそうっていうのはあった。

明らかにそろそろ、本当に唯の感想なっている!
いかんね!このダラダラさ!

『ラスト宙組公演』

これさ、いや、本当。
ロマパリ、エスペランサ、ステラマリスって、何と言う正塚ループ←
帰ってきた水さん。

え、こんなに足長かったっけ!
え、水さん、案外歌えるようになってる!
いやん、ダンス上手くなってるじゃないか!


って、感動しまくる。
堂々とするようになったのかなぁ…なんか、キラキラしてるなっていう印象。
組み回りしたら、あんなにも成長するもんなんだな!
すげぇよ、アンタすげぇよ!!

でも、そんなもんの記憶しかないよ、チクショー←
アレンさんは男前、っていうのだけは残ってる。

『生きてるから。覚悟決めろよ、いつまでも立ち止まってはいられないんだ。』

みたいな台詞があったんですが、あのセリフが印象的。
まっすぐ向いてね、割と笑顔でこれ言うんだけど、あの爽やかさはさすがサーファーという←
若干、修造的な暑苦しさをも持ち合わせる、サーファーアレン。
話的にはアレなやつだったけど、水さんとかなみちゃんにはいい役だった。

ショーは三枚目だったんだよなぁ…
オスカル衣装着てるのに、あの残念さといったらなかった!(笑)
そして、笛…?
頭についてるくるくるのやつ、最初は五本もあったのが懐かしい。
そして、全然広がらなかったのも懐かしい。
笛がガチガチと顔面に当たっていたのも、非常に懐かしい。


そんなもんかなぁー、とりあえず。
これが、第一弾。
宙組編って感じ。

いかん、後半ダレとる!!

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/595-ee0eaed4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。