-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2012-02-08 00:37 | カテゴリ:宝塚
配役発表が出ましたね。
とよこの親友には是非みっきーを!
と願ってましたが、まさかのみやちゃんでした。

みのりちゃんのお姉ちゃん役はコロちゃん予想だったんですけど、これもまさかのりりか嬢。
きたよ、下級生がお姉ちゃん。

柚長は絶対これだろうと思ってた通りの役です。
美人貴族様(*´Д`)ハァハァ
これは期待、ヴィジュアルに超期待。

96期に、なかなかな設定の役が当たりましたね。
狙ったのだと思えば、ニヤニヤ(・∀・)観劇いたします。
でもかわいいんだよな、リディア。

とりあえず、登場人物が膨大なので、神谷的注釈を添えて説明してみました。
ダーシーだけ真面目になってしまった、これはいかん。

大体こんな感じか、と思いながら読んでみて下さい。
そして先に言っておきますが

あくまでも大体の説明です。

映画を二回見た印象と、あとはサイトめぐりで得た情報です。
そんなもんだなー( ´∀`)
と思って読んでください。

早々に指摘してもらったけども、役名ミスとか鈴木くん恥ずかしいな!
でも直さない、鈴木君のきっと拘りだわ!

ほとんどネタばれはしてませんが、若干はしています←
それが大丈夫な方だけ、続きへGO☆


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

フィッツウィリアム・ダーシー 涼 紫央

爵位はないが、古くからの名家で年収1万ポンドの財産をもつ。
ビングリー(みやるり)とは親友で、今回ビングリーと共に田舎に引っ越してきた。
ビングリーと比べ、容姿も財力も優れているものの、気位が高く、気難しい高慢な男と誤解されがち。
実際は誠実で謙虚な好青年。
なかなか伝わらないけれどリジーに恋をする。

リジー(エリザベス) 音波 みのり

ダーシー達が越してきた先に住む、五人姉妹の次女。
年収は2000ポンド程度で、ダーシーとは大きな格差がある。
知的で才気に溢れている、分かりやすくツンデレなお嬢さん。
自分を見下したように感じたダーシーは嫌い。

ベネット夫人 英真 なおき

女は財力のある男のところに嫁いでこそ幸せになれる、という時代。
娘には全員幸せになってほしい&跡取りがいない我が家を面倒見てくれる人がほしい!
という分かりやすい思考で、がっつがつ娘を男に引き合わせるパワフルママン。
がっつきまくりな姿をダーシーが発見、ドン引きされる原因。

キャサリン・デ・バーグ 万里 柚美

ダーシーの叔母で、コリンズ(みっきー)の後見人。
莫大な土地と財産を所有する、多分貴族。
自分の意見は絶対、ゾフィーの毒を強めた雰囲気。ダーシーを娘の許嫁と決めている。

ベネット 美稀 千種

リジーのお父さん。
肉食系ママンと異なり、自室でのんびり本を読むのが好きな人畜無害。
娘の結婚や妻の暴挙にもほとんど口を出さない、もうちょっと主張して!なパパン。
でも原作では娘の肩を持つ、優しいパパシーンもある。

コロネル・フィッツウィリアム大佐 美城 れん

ダーシーの従兄弟で、キャサリン夫人(柚長)の甥。
ビングリー(みやるり)がいい感じになっていたリジーの姉、ジェーン(りりか嬢)の元から去った理由がダーシーの助言にあると
非常にうっかりポロリして、ダーシーを更に嫌わせる一因を作る困ったさん。

ハースト 花愛 瑞穂

ビングリー(みやるり)のお姉さま。

シャーロット 音花 ゆり

リジーの友人。
とてもいい子だけれど、控えめな性格のために20代後半まで独身。
当時から見ると、もう色々ピンチなお年頃。
多くの兄弟のため、生活のためにリジーにふられてヤケになったコリンズ(みっきー)と結婚を決める。

ジョージ・ウィカム 夢乃 聖夏

軍隊のイケメン士官さん。
ダーシーとは違い明るいイケメン、色男。お堅いリジーでさえもうっかり一目惚れするくらいの素敵イケメン。
ダーシーとは過去に因縁があり、リジーを気に入っているダーシーに嫌がらせのつもりで嘘を吹き込む。
この作品において、非常に重宝される悪役立場。

ビングリー 美弥 るりか

ダーシーの親友。
明るくワンコイメージなイケメン、肝心なところで気が弱い。ダーシーの意見は全力で信じる。
貴族ではないけれど裕福な親戚繋がりが多い、年収5000ポンドの資産家。
ジェーン(りりか嬢)に恋心を抱くものの、相手のつれない態度に(´・ω・`)ショボーンなへたれ。

ガードナー夫人 白妙 なつ

リジー達の叔母。
妹のリディアが起こした失態を収拾する役をしてくれた、非常に素敵なご婦人。

コリンズ 天寿 光希

リジーの家の財産の後継人。
牧師さんで巧言令色な性格のため、誰もからウザ―(゚Д゚)―ッ!!な扱いを受ける、根は真面目な人。
キャサリン夫人(柚長)に盲信で、夫人の提案により嫁探しに訪れる。
こっぴどくリジーに振られたが、無事シャーロット(コロちゃん)をゲットする。

ジョージアナ 優香 りこ

ダーシーの妹、16歳。
ダーシーと同じく大人しく、人見知りだけれどもダーシーお兄様LOVER。
ダーシーもジョージアナLOVER。
ジョージアナに超優しいお兄様が見れるフラグ。

メアリ 妃白 ゆあ

リジーの妹、三女。
美人な姉二人、活発な妹二人に比べて地味。代わりに知識を詰め込んだ結果、頭でっかちに。
映画では二つ結びなかわい子ちゃん、イメージはそばかすありの黒髪。
姉妹と比べると、非常に大人しめ。

デ・バーグ嬢 紫月 音寧

キャサリン夫人の娘。
一応ダーシーの許婚だが、ダーシーにはあまりその気はない。

キャロライン 若夏 あやめ

ビングリー(みやるり)の妹。
明るく気さくな兄とは違い、まさに高慢なプライドの高い人。
リジー達と兄やダーシーが関わるのを快く思っていない。
映画にあったダーシーに女の品位を語るシーンは、ダーシーの無関心っぷりにきゅんとくるはず。
ダーシーのことがこっそり好き、余計にリジー嫌い。女怖い←

ジェーン 華雅 りりか

リジーの姉。超美人、気品有りの姉。
超引っ込み思案で、自分の感情を中に仕舞い込んでしまう性格で誤解を招く。
ビングリーとの恋愛も、この性格が元で素直にいけばいい話なのに、ぐるんぐるんとややこしくすれ違う。
姉。

デニー 麻央 侑希

リジー達と顔なじみの仕官さん。
恋愛要素は悲しいほどなく、かしましい四女と五女のためにイケメン仕官ウィカムと引き合わせる。
きっといい子と出会うYO!って思ってる、私が。

ガードナー 翔馬 樹音

中流階級の身分が高い、とは言えないお家。
リジー達にとっての叔父。
リジーと一緒に旅行に行くくらいに仲がいい様子。

キティー 妃海 風

リジーの妹、四女。
パワフルママンそっくりの暴走娘っこ。かしましい、すごくかしましい。
ハイレベルなリディアに引っ張られ気味。

リディア 綺咲 愛里

リジーの妹、五女。
パワフルママンにそっくり、暴走どころかむしろ強引すぎて眩しい娘っこ。
一番女、きっと一番女らしい。
狙った獲物は確実に捕らえた、隠れ雌豹と思われる。



こんな感じ!
カップルが山盛り出てくるお話です、もりもり恋愛。
たまんなくダーシーが可愛い。

私が覚えてるキャラについては説明しましたが、何人か誰か分からず説明してないです(汗
だ、誰だっけ←
主にじれったい。
基本じれったい。

みんな幸せになーれ!って言いたくなるお話です、たぶん。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/612-77dcd79e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。