FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2012-03-23 01:27 | カテゴリ:宝塚
今日はお仕事があったので、14時半公演のみ観劇。
知ってました、知ってましたけどね!
11時公演にREON組多数観劇ということくらい。←
ちえちゃん、ねねちゃん、しーらん、ベニー、真風さんなどなど。
主要メンバーの殆どは観劇だったようで。
構わん、悔しくなんてない。
だって大本命の

どいちゃんが14時半公演観劇

でしたからね!
あ、鶴美舞夕さんです、どいちゃん。
私のエンジェル、白い鳩ちゃん、ラブちゃん←

他には礼真琴とか、早乙女わかばちゃんとか、休演続きのあの人とか←
どいちゃんの腰のほっそいこと!
あれですか、50cmなあの人ですか!って叫びたくなる細さ。
そしてきゅっと上がったお尻がいいよね!
変態だと罵るがいい!
どいちゃんお気に入りの、赤のポンチョが今日も眩しかったです。
コトちゃんの金髪も、わかばちゃんの赤髪もなかなかに目に刺さりました。

どいちゃんは帰り、駐車場に消えていくのも偶然目にしました。
のんびり歩いていた後姿が不意に走り出したのも見ました。

萌 え た 。

走る後姿にも萌えられる、どいちゃん大好き。
後姿でスタイルの良さがわかります。
勿論、横顔も正面顔も大好きです。
大好きすぎて、今日観劇時に階段を降りてくるどいちゃんを見て隣のママンの腕を全力で叩いて
声にならない声でどいちゃんと繰り返した結果、どいちゃんにチラ見されました。
うるさかったね、ごめんね、本当ごめんね…il||li_| ̄|○il||li
ついでに頭を下げられたけれども、もう本当申し訳ない。
中途半端な認識され具合で本当申し訳ない。
とよこに超接近してどいちゃんが好きなんです、久々にどいちゃん見たから変なテンションだったんです、ごめんなさい。

懺悔はこれくらいにしまして。
しないと、どいちゃんしか語らないことになりそうなので←
しかも変態的視点の話を←←

えぇっと。
なので、今日は後半の公演だけのレポです。

その前に、昨日の感想で書き忘れてたところのレポ。
昨日の貸切公演の方では、ちょっとしたハプニング。
ダーシーとウィカムがジョージアナ争奪戦をするところで起こりました。

ウィカムから愛しい妹を奪還したダーシー、妹を自分の後ろに隠s

りこちゃん尻餅ついたぁー!Σ(っ゚Д゚;)っ

結構な勢いだよ、痛いだr

光速で立ち上がっていらっしゃる!

ジョージアナの、兄上に対する誠実な愛がそこにありました←
ドレスなのに、なんだかよく分からない勢いで立ち上がり、何事もなかったかのように兄を心配する妹。
ダーシーはいい妹を持ったと思うのであります。
そんなジョージアナに対するお詫びは、暗転時におててを繋いでハケるという、小さなデレポイントなんでしょうね。
相手役の手も引かないのに、妹の手は引くのです。
何このシスコン。
赤の他人には勝てても、身内へのデレには勝てないぜ、ダーシー←
というわけで、りこちゃんが体を張ってお兄様への愛を表現した公演でした(違)

では前置きが長くなりましたが、本日の公演感想いってみよ☆


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★



●3月22日 14時半公演

今日はちょっと噛んだ、くらいかな。
私が丁度昨日、すんごい好きだと訴えた、ともみんと最後の対峙をするシーン。
まず。

ステッキが瓶を叩きそこなった。
好きだって…好きだって書いたばっかりでしょうがぁぁあああっ!!
そこの軽快な音が好きだと書いたのに、そんな高度なツンなどお断りだぁぁぁあっ!
となった結果は

さか…、酒に溺れた仕官など恐れるに足りぬ。』

おい、ダーシーってことですよ。
酒と仕官がまぜこぜになった結果、『さか』ですよ、奥さん。
今日も当たり前のようにダーシーが可愛いですね、愛でるタイミングを自ら示して下さいます、優しさですね。

今日はみのりちゃんが結婚式のシーンで泣いていまして、ライトが二人に降り注ぐ形なので涙が落ちたのがキラっと光ってすっごい綺麗でした。
ちょうど、おでこコッツンコする瞬間に落ちたとか
貴様、狙ったな!Σ(*゚Д`;)
って思います。それくらい、実に感動的なタイミング。
正面向いてたときはそんなにうるうるしているように見えなかったので、本当びっくりしました!
とよちゃんは相変わらず、キラキラはするけれども流れる様子はありません(笑)

あとは…
天寿みっきーですね、矢張り。
みっきぃは今日は、すみませーんって言いながら入ってくるところが、普段は遠慮しがちなんですけれども
『すみませーんヾ(・ω´・*)oc』と、挙手しながらの入室でした。
何だ、それは気合が入っているんですよアピールか!
毎日、ちょっとずつ変えてくるので、みっきぃのガン見は捨てられません。
高貴な香りがします、のところは周りを拍手しまくってました。
それは某タッチでポンな感じかしら!
空間をタッチでポンとか、未来技すぎてすごい。

あ、今日の席から観ると私一押しである、紙飛行機作る上流階級二人のじゃれあいが、更に詳細に見えました。
声は聴こえませんが、動きから察するに

ダ『(手紙かきかき)』
ビ『なぁ、余ってる紙ない?(机覗き込み)』
ダ『(白紙の紙を指差す)』
ビ『(∩´∀`)∩ワーイ(紙飛行機作成)』
ダ『(手紙書くのを諦める)』


無言で成り立つ会話、(・∀・)イイ!!
指差すダーシーの至極面倒くさそうな顔と、振り返ったときのビングリーの満面の笑みの対比がすっごい可愛い。
仲良いんだよ、絶対やっぱり確実に仲良いよ!
全力で尻尾振ってるようにしか見えない、美弥ちゃんとの絡みがときめきすぎてやばいです。
何であれだけしかないんだろうね…!
ビングリーにジェーンを諦めるように説得するシーンとか、反対にビングリーをもう一度呼び戻すシーンとか見てみたかった。
それが無理なら、映画にあった、告白出来ずにへたれて帰ってきてしまうビングリーを励まし、プロポーズ練習を重ねるビングリーを眺めるダーシーの図が見たかった!!
すっごい一生懸命練習しては唸ってるビングリーの傍で、最後までずっと見守ってるんですよ!
ダーシーが超可愛い、素敵すぎる。

なんの話でしたっけ?
あ、舞台の話でしたね、サーセン←

といっても、なかなかアドリブもないのでこれ以上何かを掘り返してもいつも以上に気持ち悪くなるだけだと思うので、挨拶に行こうと思います。
テンションが上がってたので、何だか記憶間違いが発生している気もする。
でも気にしないのが、神谷クオリティ。

『ありがとうございます。今日は朝の公演、昼の公演とREON組が観に来てくれています!(拍手する舞台上と「イェーイ☆」と盛り上がる観劇ジェンヌ)
REON、すごく踊ってて。タカラジェンヌ、すごく踊るんだなぁー(客席爆笑)みたいな(笑)皆さん観に行かれましたか?(まさかの客席シーン←)
あははー(笑)ヾ(・ω・`;)ノでは是非、東京にでも(笑)
私たちも先日観に行きまして、東京には観に行けないけどみんな頑張ってねー!(ガッツポーズ、観劇チームもガッツポーズ)
大劇場も組は違ってしまいますが、みんな応援しています。本日はご観劇、まことにありがとうございました!』


天使のはしご観劇者と、REON観劇者は全くかぶってなかったご様子ですw
拍手、一つもなかった(笑)
とかいう私は、うっかり頷いてました。
気付かれるはずもないね☆
反応がなくて、笑いながらあたふたと左右見回すとよこがたまらなく可愛いです。
あれを映像で収めたかったよ…!!

そして、不意打ちに組替えを踏まえての挨拶をするものだから、え?何がってなってしまうw
大劇場の話とか、不意打ちじゃなかったら何なんだ!
控えめながらもイェ━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━イ!!と盛り上がる、客席ジェンヌがめっさカワユスでした。
ご馳走様です。


さて、今日の感想はこんなもんですが、これだけではあれなので…
では、これだけビングリー語りをしているので、この勢いで行きましょう。
ようやく、とよこ以外の語りですねw

●ビングリー(美弥るりか)

父親が死んでいるので既に自分が領主になっているダーシーとは違って、ビングリーはもっと子供っぽくて一途で、まだ幼い感じ。
本人たち曰く、仲がいいところを出すのが難しいと言っていますが、上で述べたとおり
十二分に仲は良い。
本人たちが気付いていないだけです、しかしそれがいい。

ツンツンなダーシーに物怖じせずに冗談も言うし、本音も言ういい関係というのが、丁度ディナーショーを一緒にやってきたことで培った絆が反映されていい感じなんじゃないだろうかと思います。
学年差が丁度、二人の対照的な性格に合ってて無理のない雰囲気。

美弥ちゃんはクールな役の方がどちらかと言うと好きなんですが、やっぱり陽気な上流階級っていうのも似合いますね!
長髪の巻き毛、っていう貴族とかにありがちな髪型が似合うのも要因の一つですが。
ジェーンに一目惚れした瞬間の、あのぱっちりおめめは、おっきすぎて分かりやすい(笑)
実に紳士的なのに、ダーシーの前ではワンコっていうキャラの切り替えが自然で大好きです。

一幕にだだだーっと歌も出番もあって、二幕は空気に全速前進なので若干不憫ですが…

そうそう、一幕の歌もダーシーが歌うとしっとり系なのに、ビングリーが歌うと超陽気という不思議。
それも、役作りの一環だと思うので、大成功なんだろうね!

個人的には紙飛行機もなんですけど、自分の屋敷で開く舞踏会にジェーンたちを誘ったところ。

ビ『皆様来て下さるそうだ!…ダーシー?』

ココですよ、皆さん!
周りからすると、話も聞かずに立ち去ってしまうダーシーは高慢だからってだけで終わるんです。
でも、ビングリーは明らかにダーシーの様子がおかしいと気付いてるわけです。
その証拠に、慌てて後ろを 追 っ て 行 く の で す よ !
たまらない、この友情シーン。
このときの心配そうで不思議そうなビングリーの表情が、実に子犬っぽくっていいです。

まとめますと、美弥ちゃんは可愛いってことなんですけども(一言)

美弥ちゃんで良かったと思います、ビングリー。
階級の高さを維持しつつ、でも社交的で紳士というライン引きがとても自然でした。


こんなもんかな。
早くとよこの衣装の一覧を書きたいんですけど、体力が続かないぜ、ちくしょう…
明日…?明日は一公演だけだしいけるかな、とか考え中。
とりあえず、今日はココで寝ます。
なんとか2時までに仕上げたゾー!

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/617-8a83a1c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。