-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2013-06-04 01:36 | カテゴリ:宝塚

あれだけ愛について語ったのに、普通に語り足りない。
語り足りないんだけども、単純に体力が追いつかなくてなかなか筆が進みません。
これが、歳ってヤツなのね…!Σ(゚д゚lll)
同い年の子たちに比べて、圧倒的に若さが足りない神谷です。
マジ、みんな元気ですね。
週7日中、6日間休みでも休み足りなくなるだろうことが見えてます。
休みはどんだけあってもいいよ←

そろそろづっくんも帰宝するので、づっくんへのモチベーションを上げなきゃダメなんですけど
なんせ うたかたモール でしょう?
うーん…

欠片もテンション上がらない(´・ω・`)

なので、大人しくどいちゃん見て祭開催しておきます。
ワッショィY(´ω`Y)Y(´ω`)Y(Y´ω`)Yワッショィ
うたかたモールも風共もそんなに観に行かないと思われるので、いいんだ、どいちゃんにお金掛かっても。

そんな世知辛いお話ではなんなので、どいちゃんの愛に引き続き今回は人間じゃない繋がりで
真風死のターン
にしようと思います。
とにかく、今回の配役が出たときに超期待した二人を書ききってしまいたい。
そしたら悔いなく失踪出来る。

ほぼ絶賛しかありませんので、真風死が気に食わない方は読み進めないことをオススメします。
私は真風死、特にこの再演のは最高の出来だと思ってるからね!



にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★


初演のときも良かったんですけど、当時は

1.棒立ちのときが多すぎる
2.決めるべきところまでダンスが流れる
3.表情に迷いが出る


これが結構目立って、本当に惜しいなって印象が強かったんです。
それから3年、成長してるだろうと思っての冒頭。

あら、水さんこんにちは

水トートがアクティブに活動してるのかと思いました。
真風死、メイクまで上手くなっちゃってまぁ!!
今回、眉毛をうすーく作ってるんですね。
実 に イ イ 眉 毛 。
いい、眉毛の形しちゃってた。

棒立ちのところが本当になくなってて、ずっと面白そうに世界を見回してるんですよ。
ロミオたちだけじゃなくて、争い全部を舐めるように見てるのがゾクゾクしました。
衣装は非常に残念ながら、驚きの薄っぺらへ退化したので、初演か雪くらいの衣装が良かったな…
真風死の体に沿ってて軽そうなんですけど、予算が透けて見えてイヤ←

ヴィジュアルを先に語るなら、カツラですね。
前回はカッチカチに固めたカツラだったんですが、今回はさらっさら。
カッチカチが不満だった私からしてみれば、真風死に感謝です。
そのカツラで初演も見たかったぜ。
初日映像を見た方には伝わると思うんですが、死って左右に大きく動く振りが多いんですけど
その度にさらっさらの髪が
ヴァサァア ヴァッサア
するわけですよ、素敵なわけですよ。
顔に掛かる髪の毛最高、エンドレスリピートで何の問題もない。
初演のときよりずっと長くなってますし、あのさらっさら大好きです。

『僕は怖い』のナンバー中の真風死は、この公演内で一番初演と比べて迫力が増したシーンだと思います。
特に『君が爪弾く ギターの音色』の歌詞部分、影を大きく見せる照明も勿論なんですが、あそこの存在感が凄まじい。

真風死に問題があるというのならば
溢れ出るスターオーラが主役食う
ってことじゃないかな←
初演や、他再演公演の死は新公学年の、若手ホープなわけですよ。
真風死は最近卒業したんだけども、やっぱり他とは比べ物にならないくらい色々経験を積んでるわけですから
やっぱり星組の3番手なわけで。
3番手が死を、しかも当たり役状態の死を演じちゃうと大事故ですな。

2幕での、死んだティボルトとマーキューシオが復活して踊る場面。
ここと僕は怖いの二つは、真風死が主役でなんら違和感なかった。
若者三人が、絶対的な死に翻弄されて死んでいく様っていうのがとても強く感じられて
強すぎて、ロミオが死ぬしかないだろうなっていうのが確信に早い段階でなりすぎてしまう。
問題っちゃあ問題ですが、神谷くん的には大歓迎ですな←

ちなみに、どいちゃんをリフトする真風死は究極優しくてニヤニヤでした。
真風死とどいちゃん愛が一緒に踊るのは、幕開けくらいしかないので残念なんですが
そこでこの二人の死と愛の関係性を妄想するのが楽しくていけません。
これだけで二つくらい記事が書けます、後日書きます( ー`дー´)キリッ

初演から大好きだったのは、ママン達がそれぞれ歌う『憎しみ』のナンバー中にある、2番でのグランプリエ。
以前よりも深く、綺麗にグランプリエするのでアタイ満足!
なんなの?聴こえてたの?ありがとう←

そして棒立ちが少なくなった分、死らしい小芝居をふんだんにこっそり仕込んでますね。
一番好きな小芝居を書いて、今夜は仕事に備えようと思います。
明日、ものすごく普通に朝番です、残念な社会人はここです。

『街に噂が』のナンバー中、真風死は下手の階段の上でくねくね楽しく遊んでいらっしゃるんですが(褒め言葉)
途中で、欄干部分を指で歩き出すんです。
そのまま自分の肘ついてる腕を登っていって、爪先まで来たら

ひゅーん

と歩いてたモノが下に落ちていくマイム。
で、真風死が欄干にだらーんと垂れて、死んだのを表現してにやって笑ってるんですよ、奥さん。

くそぉぉおかっこ可愛いじゃねぇええのぉおおお!

真風死が用意した死の階段を人が躊躇いもなく登って、その先にあるのは勿論死でしかなく。
それは自分で選んだように思えて、全部真風死のシナリオ通りのようで。

あの一人遊び、たまらなく大好きなので、下で頑張っているアンサンブルとメイン3人を一切観れなくてもストレルがない方は真風死ガン見をオススメします。
大丈夫、声は聴こえてくるよ!

真風死のそこらじゅうに散らばっているマイムを全て、神谷なりに収拾するのが今回の公演の目標です。
でもどいちゃんが出ている間は、DVDにそれほど映らないだろうどいちゃんを追うので
まあ結構、既に無理フラグが見えてる気がしますが、そこらへんは神谷くんなのでスルーで行きます(∀`*ゞ)テヘッ

真ん中あたりのキャストに関しては、私じゃないブログの方がよっぽどちゃんと書かれてますので
そちらに丸投げで、私はとにかく真風死×どい愛の新境地を掘り下げる作業を貫く予定をしてます。

でも、ちゃんとわんことか麻央くんとかベニーの「うぅ…!」とか、触れたいところあるので出来る限りそっちも触れられるように頑張ろうと思います。
どうしよう、二日も連続で更新しちゃった。
明日、オーロラ出ると思うんで、みなさんカメラの用意しといてくださいね。

ではでは、今夜はひとまずお休みなさい。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/682-81860fc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。