-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★

2014-01-05 02:27 | カテゴリ:宝塚
づっくんの鏡開きを見てから、初日を観劇して参りました。

口上が豪華で幸せ゜*。(*´Д`)。*°

タカスペも去年なかったし、トップの並びが見れなかったので、今年は豪華な幕開けです。
ところでテルのメイクが明らかにバトラーなのは仕様ですかね?←
えりたんの動きがあまりにも日本物すぎてあまりにもでした(お前)

鏡開きは早起きした流れで8時過ぎに並びに行ったんですけども、9時すぎの時点で係りのお兄さんが

(・∀・)「1000人超えたよなぁ」
(・ω・)「なぁ。」


という、なんだかもう俺たち何してるんだろうねみたいな会話になる事態になっておりました。
私はとりあえず途中で立っているのに飽きて、危うく途中で帰るところでした。
お手洗い行けるって幸せ←
ところで、大劇場内のトイレがめっちゃ広くなりましたよ!快適!

そんなことはどうだって良いんだった。
とりあえず、鏡開きの内容はほぼ何も覚えてないんですが
他のジェンヌさんが話してるとき、真剣な眼差しでお話を聞くみりお君とかとは違い
隣のカイ君なり、まーくんなりに話し掛けまくる迷惑な上級生なづっくんが新年早々可愛かったです。
お話聞こう、ちゃんと聞こう。
カイ君の目が糸のようになっているよ、づっくん。

そうそう。
久々にね、ちゃんと感想を書こうと思います。
とりあえずざっくりとしか書くことがないので、ざっくり全体を。
ちょっとでも気分悪いなコイツと思いましたら
その後もそんなことしかきっと書いてないので、何も迷うことなくブラウザバック。
新年だもの、楽しいものを読みましょう。

そんな感じで、今年の初レポは星組でいくぞ!


にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ 人気blogランキング fc2ブログランキング

気が向いたらのご協力お願いしています。 皆で神谷を晒し上げ★☆★


まあ、感想はあれですよ。

プレスギュルヴィックが来なかったことが答え

体調不良って誰が信じるのかとww
明らかに出来の微妙さに来日取り止めたとしか思えない、神谷くんの子供心プラスレス★
プレスギュルヴィックは悪くない、確かに曲は宝塚で作るものより格段にいい。
格段にいいんだけども

脚本はただの早分かり世界史
歌唱力プライスレス
滑舌底辺


では、観る気も失せるだろうなと思うよ。
本当に回数するごとに耳が慣れたのか、歌詞はやっと聞き取れるようになってきましたが
でもやっぱり何だって?ってなります。

ねねちゃんがちえちゃんに、女の扱いはどうするのかと尋ねるシーン。
初日は無事
ち『強制する!(`・ω・´)』
と聞こえて、ああん?ってなりましたが、チェレンジだったんだね、ごめんね。

客席のテンションの下がり具合が凄まじかった初日なんですけども
多分、あんまりにも内容がなかったせいだと思う。
本当に、大袈裟じゃなくて。
中身が何にもないですよ、この作品。
ひたすらナポレオンってこんなのよ、って話をミュージカルで見る。
イケコは潤色するのは上手いんですけど、オリジナルだと恐ろしいほどに物語を作るのへたくそなんですよね。
結果、歴史をミュージカル調にした だ け だから震える。

そしてまあ、セットのしょぼいこと。
エリザもしょっぼいなぁ、ていつも思うんですけども
今回はそれを上回るしょぼさでした。
ペガ子の本体銀橋にまでせり出してくるアレですが、あんまり何の効果もありません。
それよりも、静かな瞬間にハケて行くアレは、ウィーンウウ、ウィーンってそりゃもううるさい。
ついでに言うと、ソレを片付ける裏方の声がさらにうるさい。
初日は「うわっあぶね!」って何かが危なかったようです、何かがね。

あとは、普段の三倍を要したという衣装。

娘役の衣装代が8割

ですね、分かります。
ちえちゃんがほぼ普通の軍服、あれの金掛かった部分はひねり出せない。
どいちゃんは全部新調なのは分かりますが、あんなもんなのでね、普段もね。
ねねちゃんを筆頭に娘役は相当大人数新調してもらってると思われます、衣装代はそこに消えたと思われる。
戴冠式が全員新調だっけか?

みっちゃんの出る意味もないし
ベニーは2番手役とは決して言えない


やっぱり2番手が明確に役付きして、キャラ立ってないと作品としては面白くなりにくいですよね。
正式な2番手なんだから、もうちょっとベニーにベニーが主軸のシーンがほしかったです。
まったく盛り上がらないままに、なんとなく終わるから面白くないんだ、この作品。

それでも良かったのは、私にとっては

羽山先生振り付け フィナーレ

ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
羽山先生だぁー、久々ぁあああ!

羽山先生と聞いてたから、もうずっと楽しみにしてたんですが
しかも、早々にフィナーレだけは出来てたから無駄にやり込んだフィナーレ…
もう、幸せ。
でも羽山先生らしくない、違う雰囲気の振りも混じってて、ちょっと現代的になってて羽山先生がまだ進化するらしいことを目の当たりにしたことの方が印象深いです。
私、周りが言うほどSHUN先生、どうでもいいですよね←
本当に心の奥底から、本気であの肩払いダンス飽きてたので、羽山先生超嬉しい

男役がやっぱり一番格好良く見えるのは、座付き振付家のダンスですね、輝くわぁ。
どいちゃんの輝きがハンパじゃないわぁ。
好きな振り付けががっつり盛り込まれていたので、神谷くんはハイテンションです。

ハ イ テ ン シ ョ ン で す

大事な事なので二度言った、満足。

まぁ、さらっととりあえずこんなもんでしょうか。
もうちょっとね、書きたいこともあるんですが、まさかの長さになりました。
まあ…うん、ロミジュリ行っといて良かったなと思います。

ではでは、今回はこんなもん!
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blacksheepindrg.blog72.fc2.com/tb.php/697-a74f6326
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。